五日市のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
養沢川水辺と御岳山越えの道
養沢川は五日市と青梅の間に横たわる深い山並みの谷筋を流れる川だ。武蔵五日市駅を出発し檜原街道から養沢川沿いの道に入る。御岳山頂を極めた後滝本駅へ下り御岳駅へ至る。
五日市、青梅
草花から日の出町・五日市への道
ローカルな雰囲気が味わえる秋留野の裏道。福生駅から多摩川を渡って草花丘陵南麓に入り、平井川の川沿いの道を西進、日の出町を経由して武蔵五日市へ至る。
福生、秋川、日の出、五日市
里・歴史秋留っ原から横沢入へ、伊那の石工の里道を行く
武蔵増戸は伊那の石工が移住した土地で横沢入には石切場が残る。武蔵引田駅から秋留っ原を経て五日市街道に入り、伊那の石工の里道を訪ねる。帰路は武蔵五日市駅に出るものとする。
五日市、秋川
秋川街道・小峰峠越えと五日市への道
秋川街道は八王子から五日市へ通じる街道だ。川口川が流れる街道風景がいい。難所の小峰峠がある。八王子駅から川口川沿いの道を経由して秋川街道に入り、小峰峠を越えて五日市に至る。
八王子、五日市
峠・山・歴史大久野から二俣尾へ 将門伝説を辿る峠越えの道
大久野の勝峰山にば将門伝説が残り、梅野木峠を越えた二俣尾には自称将門の後胤と称した三田氏の菩提寺がある。将門伝説を追って武蔵五日市を出発し大久野、肝要から梅野木峠を越えて二俣尾まで旅する。
五日市、日の出、青梅
丘・歴史秋川から五日市へ秋川丘陵縦走の道
秋川丘陵は風光明媚、かつ城址や鎌倉古道が遺されている。秋川駅を出発し秋川丘陵に入る。二条城址、旧鎌倉街道、弁天山、網代城址を辿って秋川街道へ。帰路は武蔵五日市駅に出る。
秋川、五日市
弁天山から沢戸橋へ秋川丘陵を辿る道
秋川丘陵は風光明媚、かつ城址や鎌倉古道が遺されている。武蔵増戸駅から秋川丘陵に入り弁天山、城山を通って一旦下山した後、小峰公園から再び山道に入って戸倉の沢戸橋へ抜ける。
秋川、五日市
歴史・古道東国武士の踏み固めた鎌倉街道山ノ道(北部編)
鎌倉街道山ノ道は多摩の山辺を走る道筋だ。鎌倉武将畠山重忠にゆかりが深い。そんな道筋を追って、武蔵増戸駅から馬引沢峠を越えて青梅に入り、軍畑駅まで辿る。
五日市、日の出、青梅
歴史・古道東国武士の踏み固めた鎌倉街道山ノ道(中部編)
鎌倉街道山ノ道は多摩の山辺を走る道筋だ。鎌倉武将畠山重忠にゆかりが深い。そんな道筋を追って、高尾駅から戸沢峠、御前石峠を越えて五日市の武蔵増戸駅まで辿る。
八王子、五日市
古道・歴史秋川南岸の古甲州道を行く
秋川南岸には遠い昔の甲州への道筋が残る。古甲州道という。武蔵五日市線東秋留駅を出発し滝山街道から秋川丘陵の尾根道を辿り、網代、高尾、留原を経てから五日市の小中野で檜原街道に出る。
八王子、秋川、五日市
古道・大通り伊奈の石工が歩いた道、伊奈道を行く
睦橋通り・五日市街道はかつて伊那道と呼ばれた。家康の江戸城修築の折、伊奈村(現武蔵増戸)の石工達が往還した道だ。拝島駅から睦橋通り・五日市街道を辿って旧伊奈宿へ。帰路は武蔵五日市駅へ至る。
福生、秋川、五日市
渓谷・歴史秋川渓谷から払沢の滝へ檜原街道を行く
秋川の故郷檜原は古来関東防衛の前線基地として山城が築かれた。檜原谷には今も戦国悲話が残されている。渓谷美と歴史を求めて武蔵五日市駅から檜原街道に沿って檜原村に入り、払沢の滝を目指す。
五日市、檜原

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )