川崎のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
三沢川水辺の道
三沢川は川崎市黒川の谷戸を水源に、稲城・川崎市を経て多摩川に注ぐ。水辺には谷戸の風景と梨園が広がり、また古城が佇む。永山駅から多摩よこやま道を経て水源に入り、水辺の道を辿ってJR稲田堤駅へ。
多摩、稲城、川崎
川・歴史二ヶ領用水水辺の道から稲毛枡形城址へ
二ヶ領用水は家康の命で小泉次大夫が開削した人工の用水路だ。多摩川の中野島で取水され稲毛・川崎領へ流れる延長32kmの水路で、登戸では南岸に中世の城跡が残る枡形山がある。今回は中野島取入口から水辺に沿って枡形山まで辿る。
川崎
川・里宿河原の二ヶ領用水から長尾の里道を行く
二ヶ領用水の二つ目の取入口として宿河原から開削した水路を宿河原用水と呼ぶ。登戸駅から宿河原取入口に出て、そこから宿河原用水水辺の道を辿る。更に途中から南へ転じ長尾の里道を巡る。帰路は久地駅に出るものとする。
川崎
宿河原用水から二ヶ領用水川崎堀へ水辺の道を行く
宿河原用水は久地駅付近で二ヶ領用水本流に合流し、更に東流して津田山山麓の久地円筒分水で稲毛・川崎領各地に配られている。その分水路の一つが川崎堀である。南武線宿河原駅を出発し、宿河原用水、二ヶ領用水本流、川崎堀を経て終着点溝の口駅へ至るものとする。
川崎
禅寺丸の故郷、柿生の里道を行く
柿生は禅師丸柿の発祥地で知られる。都心に近い郊外でありながら丘陵が幾重にも連なり、田畑や民家や小さな社寺が散在する昔懐かしい里風景を残している。小田急線柿生駅を出発し上麻生から下麻生を経て王禅寺へと里風景を巡る。
川崎
古道・里幕末の近藤勇が通いし布田道を行く
黒川から小野路にかけて布田道という里道が残る。幕末に近藤勇が小野路の小島家道場に通った道という。黒川駅を出発し、三沢川の源流黒川の谷戸を経て布田道に入る。別所から小野路の谷戸に入り小野路宿小島家を目指す。
川崎、町田
古道・歴史黒川海道谷戸から鎌倉街道早ノ道を行く
早ノ道は鎌倉へ一刻も早く情報を伝えるために早馬を走らせた道筋という。上ノ道の府中から中ノ道の青砥への連絡路と推定されている。今回は川崎麻生の黒川から能ヶ谷に至る早ノ道を辿ってみることにする。
川崎、町田
麻生岡上の里山から多摩のまほろば三輪の里道へ
陸の孤島、麻生区の飛び地岡上には広大な里山風景が残る。他方岡上に接する三輪もまた町田市の飛び地の様な存在だ。不思議なことに大和の国に由来する地名が多い。鶴川駅を出発し岡上から三輪の里道を辿り柿生駅に至る。
川崎、町田
歴史川崎北部菅の義経伝承路を行く
南武線稲田堤駅の南側の丘陵地帯菅地区には中世の山城があり、義経伝説を伝える旧跡が多く見られる。稲田堤駅を出発し、菅北浦の義経伝承地を訪ねた後、菅仙谷の小沢城址、義経ゆかりの旧跡等を立ち寄りながら多摩美の緑地帯を下って小田急線読売ランド前駅へ至る。
川崎
歴史百合ヶ丘の義経伝説を巡る道
小田急小田原線の百合ヶ丘辺りは何故か義経伝説が多く残されている。読売ランド前駅を出発し、沿線北側に横たわる丘陵地帯を高石から万福寺地区を経て古沢の里道へと義経・弁慶ゆかりの社寺を辿る。帰路は五月台駅に至るものとする。
川崎


多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )