◎2018年1月、新たに2編を追加登録しました。また登録済みの5編を見直しました。

シリーズ新しいジョギング道通過するエリア
狭山丘陵南麓の青梅街道根通り道を行く
狭山丘陵南麓の青梅街道沿いには集落と集落を結ぶ古い根通り道がある。上北台駅を出発し芋窪街道を経て青梅街道に入り、これを西進し街道から分岐する根通り道を辿る。中藤、横田、三ツ木、岸、殿ヶ谷、石畑を経て終着点瑞穂町箱根ヶ崎駅へ至る。
東大和、武蔵村山、瑞穂
歴史南百合ヶ丘の義経伝承路を行く
多摩の近郊川崎の百合ヶ丘には何故か多くの義経伝説が残されている。ここでは南百合ヶ 丘の義経伝承路を巡る。読売ランド前駅を出発し沿線南側の丘陵地帯を高石から百合ヶ丘、上麻生、王禅寺西と辿り、帰路は柿生駅に至るものとする。
川崎
シリーズ見直したジョギング道通過するエリア
古道・大通り伊奈の石工が歩いた道、伊奈道を行く
睦橋通り・五日市街道はかつて伊那道と呼ばれた。家康の江戸城修築の折、伊奈村(現武蔵増戸)の石工達が往還した道だ。拝島駅から睦橋通り・五日市街道を辿って旧伊奈宿へ。帰路は武蔵五日市駅へ至る。
福生、秋川、五日市
川・市内周遊柳瀬川水辺の道から清瀬市内周遊へ
柳瀬川は北多摩と埼玉の都県境を流れる川だ。水辺には豊かな緑と町並み、城址が佇み、志木街道には古社寺が散在する。新秋津駅から柳瀬川水辺の道を辿り、滝の城址から志木街道を経て清瀬駅に至る。
清瀬、所沢
緑道・廃線西町緑道・栄緑道廃線跡の道
立川には戦前、戦後のある時期まで活躍した鉄道があった。その廃線跡は今緑道となっている。南武線西立川駅から緑道に入り、続いて最新のモノレール沿線に沿って立川駅に至る。新旧立川の変貌を体感する。
国立、国分寺、立川
古道・歴史筏師の歩いた道、いききの道・筏道を行く
その昔多摩川の風物詩は川を下る筏とそれを操る筏師の姿だった。仕事を終えた筏師が家路を急いだ道筋は筏道として残されている。府中駅からいききの道、品川道等、筏道を辿って狛江駅に至る。
府中、調布、狛江
古道旧久米川宿から所沢の鎌倉街道上ノ道を行く
鎌倉街道上ノ道は建武中興戦争における新田義貞の鎌倉攻めの道筋である。今回は鎌倉街道上ノ道のうち旧久米川宿から所沢市域の鎌倉道を辿ることにする。東村山駅を出発し鎌倉道に沿って散在する寺社を巡りながら、新所沢駅に至るものとする。
東村山、所沢


多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )