◎2017年7月、新たに1編を追加登録しました。また登録済みの5編を見直しました。

シリーズ新しいジョギング道通過するエリア
古道江戸の庶民の参詣道、都心の大山道を行く
江戸時代、大山詣りは江戸庶民に大変人気があった。 赤坂御門を起点に三軒茶屋、二子玉川で多摩川を渡り、溝口、長津田、鶴間、海老名を経て相模川を越え、厚木、愛甲、伊勢原に至り、そこから大山へ向かう。 今回は赤坂見附から二子玉川までの都心の大山道を辿る。
港、渋谷、世田谷
シリーズ見直したジョギング道通過するエリア
川・避暑玉川上水水辺の道(中流域)
玉川上水は江戸の水不足解消のため玉川兄弟によって開削された水路だ。水辺に雑木林が残る多摩の代表的な散策路だ。西武拝島線玉川上水駅から川沿いに三鷹駅まで辿ってみる。
立川、小平、小金井、武蔵野
湖畔多摩湖・狭山湖の湖畔の道を行く
大正から昭和の初頭に作られた最新鋭の人造湖。湖水は青く澄みわたり、湖畔は緑と静寂に包まれた素晴らしい所だ。武蔵大和駅をスタートし多摩湖・狭山湖の湖畔を巡り景観と湖畔に佇む旧跡を訪ねる。
東大和、所沢
歴史・市内周遊・ハケ国分寺の歴史と文学を辿る道
国分寺市は国分寺跡や鎌倉古道等歴史の宝庫だ。小説の舞台にもなった。国分寺駅からお鷹の道、国分寺・国分尼寺跡を経て鎌倉古道を通り、東福寺、姿見の池等を辿る。
国分寺
歴史・市内周遊万葉と渡来人の里・狛江郷を巡る道
調布から狛江にかけては古くは狛江郷と呼ばれた。高麗から渡来人が多数住み着きその名が生まれた。渡来人の足跡を訪ねて調布駅を出発し、深大寺、祇園寺、万葉歌碑,狛江百塚と巡り狛江駅に至る。
調布、狛江
歴史江古田・沼袋の太田道灌と豊島氏の古戦場を行く
長尾景春の乱で上杉氏と豊島氏は対立。太田道灌は豊島泰経の石神井城を攻略する。江戸城を発進した道灌軍は江古田・沼袋で豊島軍と激戦となる。 西武新宿線沼袋駅を出発し江古田・沼袋古戦場、哲学堂公園など旧跡に立ち寄り、帰路は都営大江戸線落合南長崎駅に至る。
中野


多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )