◎2017年2月、新たに2編を追加登録しました。また登録済みの5編を見直しました。

シリーズ新しいジョギング道通過するエリア
[域外編]
北武蔵
武蔵国分寺の屋根瓦が来た道
奈良朝の昔に建立された武蔵国分寺の屋根瓦は武蔵国各地の窯業地で焼かれた。その一つに入間の加治丘陵の東金子窯跡群がある。ここで焼かれた屋根瓦は入間から所沢、東村山、小平を経て国分寺へと運搬された。ここでは加治丘陵の窯跡から狭山ヶ丘駅までの瓦道を辿る。
入間
歴史江古田・沼袋の太田道灌と豊島氏の古戦場を行く
長尾景春の乱で上杉氏と豊島氏は対立。太田道灌は豊島泰経の石神井城を攻略する。江戸城を発進した道灌軍は江古田・沼袋で豊島軍と激戦となる。 西武新宿線沼袋駅を出発し江古田・沼袋古戦場、哲学堂公園など旧跡に立ち寄り、帰路は都営大江戸線落合南長崎駅に至る。
中野
シリーズ見直したジョギング道通過するエリア
小野路・小山田の里道を行く
町田の小山田には懐かしい里の風景がある。小山田とは山合いで湧水を利用した谷戸田をいう。多摩センター駅を出発し小山田の谷戸の風景を見て大泉寺へ。防人の歩いた道を経て唐木田駅に至る。
町田、多摩
丘・歴史かたらいの路から野猿峠へ多摩丘陵尾根道を行く
高幡不動から多摩丘陵尾根道へ。かたらいの路、七生丘陵散策路、野猿の尾根道を辿って野猿峠へ。帰路は悲劇の武将大石定久の館址であった柚木永林寺に立寄った後京王堀之内駅へ至る。
日野、八王子
古道・大通り伊奈の石工が歩いた道、伊奈道を行く
睦橋通り・五日市街道はかつて伊那道と呼ばれた。家康の江戸城修築の折、伊奈村(現武蔵増戸)の石工達が往還した道だ。拝島駅から睦橋通り・五日市街道を辿って旧伊奈宿へ。帰路は武蔵五日市駅へ至る。
福生、秋川、五日市
古道・歴史筏師の歩いた道、田園調布から六郷へ筏道を行く
多摩川の筏は奥多摩から大田区の六郷まで下って木場の商人に売り渡すと、筏師は大金を懐に陸路で村へ帰っていった。彼らが家路を急いだ道筋は筏道と呼ばれる。今回はそんな筏師が歩いた道筋のうち、田園調布の多摩川駅から六郷河原までの筏道を辿る。
大田区
[域外編]
甲斐
鳥沢宿から猿橋宿 そして大月へ甲州道中を行く
甲州道中を鳥沢宿から猿橋宿を経て大月まで辿る。猿橋宿には日本三大奇矯の一つ猿橋があり、幕末の甲陽鎮撫隊が深く関わっている。また甲州道中から少し外れるが、猿橋から桂川沿いの遊歩道に入り、岩殿山を望む景勝を楽しむ。
大月


多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )