城山湖から津久井湖へ湖畔の道
距離:約20Km、所要時間:3時間 <通過エリア: 八王子、相模原>
[湖畔シリーズ]

道幅起伏人通り交通量風景メモ
普通〜広い有り少〜多少〜多緑溢れる湖畔の風景ダム・ブランデー煎餅

[展望台から見る城山湖の風景]

多摩の湖と言えば多摩湖や奥多摩湖、多摩周辺の湖と言えば津久井湖や相模湖 を思い浮かべる人は多いが、城山湖を上げる人は少ない。城山湖は津久井湖や 相模湖の賑わいの陰で、すぐその裏山でひっそりとたたずむ小さな湖だ。城山 湖は津久井湖とはまるで兄弟の様に協調しながら発電を行う本沢ダムのダム湖 である。そんな城山湖と津久井湖東部湖畔を巡るジョギングをしてみよう。た だ交通のアクセスは悪く起伏も多いので勢いコースはハードとなる。十分な時 間と天候に恵まれた時を選んでトライしょう。

今回はJR中央線高尾駅を出発し町田街道を南へ下ってまず城山湖畔を訪れ、 その後津久井湖畔に出て湖畔を時計と反対回りに辿り、津久井湖を東西に分け る三井大橋を渡って南岸へ回り、国道に入って東進し、津久井城址を横に見な がら城山大橋を渡ると湖畔に離れを告げ、終着点JR横浜線橋本駅へ向かうこ ととする。



高尾駅から甲州街道をほんの少し東へ進むと町田街道との交差点に来る。ここ を右折して町田街道に入る。中央線と京王高尾線のガードを潜ると一つ目の上 り坂となる。上り切った所に狭間町の表示があり椚田遺跡公園通りが東からこ こでぶつかる。サトウ製薬横を過ぎると下り坂だ。通りはトウカエデの並木道 でこの後も延々と続く。館町で北野街道を横にやり過ごすし、下りきると湯殿 川と湯島橋で交差する。この辺りから街道の道路幅は広くなる。二つ目の長い 上り坂となり、左に東京医大八王子医療センター、右に拓殖大学が並ぶ。坂の 途中には館高校へ向かう道路の入口がある。街道には緑の中央分離帯が備わり、 相変わらずトウカエデの並木が続く。公団館ケ丘団地横で上り坂は終わり一旦 下り坂となるが再び三つ目の上り坂が始まる。上り切った所が館町清掃工場入 口だ。

この坂は古くは恋路の坂と呼ばれた。八王子の千人同心原半左衛門の娘が奉公 人との道ならぬ恋に陥り、密かにこの坂に連れ出され首をはねられたという。

坂道を下ると左手が法政大グランド入口だ。延々と続いたトウカエデの並木は 終わるが、グランド入口付近には八重桜が沢山あって、4月下旬なら満開の桜 が目を楽しませてくれる。街道もここからようやく平坦な道となる。間もなく 大戸交差点に来る。ここで街道に分かれを告げ右折する。すぐ街道に平行する 道路にぶつかるので大地沢青少年センターへ向け右折し道なりに回り込む様に 進む。いよいよ城山湖畔へのアプローチだ。
回り込むとすぐバス停があり、その後ろに鄙びた観音堂が鎮座している。 まばらな民家の間を縫う様に通りをたどると、左手から小川が接近し、やがて 並走する様になる。小川は境川の上流部に相当しホタルの生息地で有名だ。程 なく通りは分岐点に出る。右は青少年センター、左は城山湖畔方面だ。分岐点 には赤い着物に赤い被り物を身に着けたお地蔵さんが立っている。

由緒書によれば本地蔵尊は嘉永3年(1850)に当地に安置され、その名を 子育て地蔵尊として伝えられ、古くから子宝に恵まれない人達の熱心な参詣が あり、その甲斐あって子供を授かった話も数多く伝えられているとのことだ。

分岐点を左にとり城山湖へ向かう。辺りはいよいよ山里の雰囲気が色濃くなる。 大戸バス停の折返し点を過ぎると民家もなくなる。町民の森野球場(雨降野球 場)入口をやり過ごすと急勾配の上り坂となる。喘ぎながら登るともう一つの 湖畔への登り道とT字路でぶつかる。ここを右折し樹々に覆われた道を進むと 金刀比羅宮の下に出る。手すりのついた急勾配の石段があるのでそこを登ろう。 上り切ると幅4m程の道に出るが、正面には赤い鳥居があり更に石段登ると金 刀比羅宮がある。

文化元年(1804)川尻郷の代表がはるばる四国の金刀比羅宮に参詣し、御 分霊を奉還してこの地に社を建てた。以来「龍籠の金毘羅様」と呼ばれ、あま たの人々の信仰を集めている。祭神は龍神、水神で、本殿裏の岩間からの湧水 は旱魃の際も涸れることなく、日照り続き折りは雨乞いの神事も行われる。霊 泉は小松川の源流となって地域を潤すだけでなく、末は江ノ島で片瀬川となる まで県を貫流してその恩恵は計り知れない。現在は城山湖の守護神として鎮座 している。金刀比羅宮の裏山の雨降龍居山(アメフリタツコヤマ)に登れば相模原、城山 湖の素晴らしい眺望が楽しめる。

金刀比羅宮前の道を右へ少し入るとダムサイトへ通じる鉄柵の入口があり、こ こを入って200m進めば城山湖畔に出る。長い堰堤の中央にたたずめば丘陵 で囲まれた湖の静寂さが迫り来る様だ。一方湖から180°頭を巡らせば堰堤 の遥か下方に雨降野球場、その上方には町の風景が遠望出来る。

本沢ダムは昭和40年11月完成した高さ73m、長さ234mのロックフィ ル形式のダムだ。ダム湖の面積は0.21ku、水深28m、総貯水量 3,835千m3だ。津久井湖の水を湖面差185mもあるこの湖に揚水し、再び 津久井湖に落として発電している。そのために1日28mも水位が変化する。

再び元来た道を戻り、金刀比羅宮前を通って道なりに進むとダムを取り巻く丘 陵の道に出る。城山湖を一望に見渡せる素晴らしいポイントだ。パノラマ風景 に満喫したら城山湖畔を離れ次の津久井湖畔を目指そう。発電所横を回りこみ ながら山を下る。曲がりくねった車道だが車は少なく問題はない。そのうち右 手には樹々の合間から下方に津久井湖の湖面がキラキラ輝くのが目に入る様に なる。グリーンテニス横を過ぎ、若葉台へ入る道をやり過ごすと、車道から右 へ下る小径がある。その小径を下るとまるで桃源郷の様な山間の鄙びた村に出 る。行基が開山したという真言宗普門寺(武相第二十五番札所)とその前に広 がる畑と集落からなる絵の様な風景が広がる。寺の前の道を進み集落の中をジ グザグに抜けると三本松で津久井湖北岸を走る広い通りに出る。後はこの湖畔 の道を走るだけだ。

[北側湖岸の道より望む津久井湖と城山の風景]

湖畔の道は始めは湖からやや離れた畑や集落の中を走る緩い上り坂だが、やが て左から湖が接近し素晴らしい眺望が展開する。対岸には緑生える津久井城址 の城山を背景とした湖畔の街が横たわり、湖の中ほどの赤いアーチの三井大橋 が雄大な景色と見事に溶け合っている。またこの北岸の道は南岸の国道413 号とは対照的に交通量が少ないのがいい。途中、山の手には姿三四郎の決闘の 舞台となった峰の薬師がある。トンネルを潜ると下り坂だ。このまま車道を進 んでもよいし左手の小径に降りて集落を抜けてもよい。時間的には大差はない。 いずれを採っても三井大橋の袂に出る。三井大橋は津久井湖を東西に分ける赤 いアーチ型の味のある橋で、橋の上からの湖水の眺めは実に素晴らしい。ただ 歩道のない橋なので車には十分注意しよう。対岸に渡ると橋の袂に三井大橋の 歴史を刻んだパネルがある。

パネルには次の様に記されている。
「三井という名称は地区内の三ケ所の生活用水に使用した豊富な泉の出る所、 即ち三つの井戸から生まれた地名です。正面の湖面下は真下に相模川が流れ、 左岸には塩民(シオタミ)と呼ぶ集落があり、水没前十三戸の民家や畑、水田、三井 小学校、広い河原があり、夏季には鮎釣、川遊び、遊覧船の川下りなどで賑わ い、又、左岸一帯の急斜面の湖水面近くには明治20年9月通水を開始した旧 横浜水道の送水管を通した水路跡、北方山頂には峰の薬師、又大橋の中程より 東方を眺めれば三角形をした山がかつて津久井城のあった城山です。塩民集落 と対岸荒川集落を結ぶ交通路として二基の橋台にワイヤーロープを張った全長 135m、幅員3.7mの木製釣橋があり、これを塩民橋といい、この三井大 橋は津久井湖建設に伴い塩民橋の代替として架橋された。」と。

橋を渡ると太井で国道413号に出る。ところで、ここから国道沿いに200 〜300m程西へ行ったところに面白い煎餅屋さんがあるので立ち寄って見る とよい。

煎餅屋さんの屋号は津久井煎餅本舗といって、30数種類のオリジナル煎餅を 販売している。特に名物となっているのは店の前の看板にも掲げている内閣総 理大臣賞を受賞したというブランデー煎餅だ。ブランデーの香りがしっかり染 み込んだ味は抜群だ。その外、ワイン味、コーヒー味、梅じそ、抹茶、カレー、 マヨネーズ、モロヘイヤ等々あり、どれもとっても大変美味しい。地方発送も してくれる。ちなみに電話番号は042−784−4556だ。

国道413号を東へ走ろう。国道は交通量が多い上、歩道もやや狭く、ジョギ ングには少々難はあるが湖畔の道ということでここは我慢しよう。前方の三角 形をした山は城山だ。山の麓は桜の公園として知られる津久井城山公園で、四 月の上旬は花見客で溢れる。山頂には戦国の歴史を今に伝える津久井城址があ る。

津久井城は鎌倉時代、相模の雄、三浦氏の一族の津久井氏により築城された。 戦国時代には小田原北条氏の家臣内藤景定の居城であった。永禄11年〜12 年(1568〜1569)甲斐の武田信玄が関東を遠征した際、北条軍と武田 軍はこの城の南にある三増峠で衝突した。世に言う三増合戦である。勝敗の鍵 は津久井城主の出方にかかっていたが、大方の予想に反し津久井勢は戦陣に加 わらず、ために北条軍は大敗を喫した。その後、本城は天正18年(1590 )豊臣秀吉が小田原城の北条攻めを行った際、秀吉に臣従していた徳川家康に 攻められ落城した。

城山ダム上の城山大橋を渡り津久井湖に分かれを告げる。城山高校前を過ぎ、 都井沢を過ぎると、右手に谷ケ原浄水場が現れる。なだらかな坂道を下り、久 保沢から広瀬病院前をS字ターンすれば川尻農協前の五叉路に至る。ここから JR横浜線の橋本駅を目指し宅地街の道を採ろう。宅地街を抜けると原宿近隣 公園にぶつかるので公園を回り込み、公園北側を走る道路に出る。後はこの道 路をまっしぐらだ。八幡神社、二本松児童館を横にやり過ごし、国道129号 を渡れば程なく終着橋本駅に到着だ。

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )
ご意見ご感想:EZM03135@nifty.ne.jp