中世の軍道、深大寺道を行く(北部編)
距離:約12Km <通過エリア: 西東京、東久留米、清瀬、新座、所沢>
[古道シリーズ]

道幅起伏人通り交通量風景メモ
普通少ない普通〜少普通〜少普通城址と街路の風景滝の城

[柳瀬川の城前橋から遠望する滝の城址の風景]

調布の深大寺に向けて北多摩を南北に縦断する一条の道筋がある。深大寺道とい う。深大寺道は室町から戦国にかけて、小田原北条氏と関東の覇権を争った関東 管領上杉氏が拓いた軍道という。上杉氏は川越城を本拠に、北条氏に対抗するた め深大寺の南の丘に深大寺城と呼ぶ出城を築城した。その深大寺城と川越本城と の間を上杉の兵どもが往還した。道なかばの清瀬市と所沢市の都県境を流れる柳 瀬川のほとりには、上杉氏の重臣大石氏の滝の城があり、中継地となっていたよ うだ。

室町幕府の支配権が衰えると世は戦国時代へと移行する。そんな16世紀前半、 関東は管領上杉氏と北条早雲を祖とする新興勢力の後北条氏(小田原北条氏)と の覇権を争う場となっていた。大永4年(1524)上杉朝興は北条氏綱と江戸 で合戦し敗走。享禄3年(1530)府中にて再度合戦するも相次いで敗北。天 文6年(1537)上杉朝興が死去すると、弱冠13歳で家督を継いだ嫡男上杉 朝定は直ちに北条氏に対抗するため、武州深大寺の地に深大寺城を構築し、武州 松山の難波田弾正を配した。しかしながら、築城後間もなく河越合戦で決定的敗 北を帰し、関東の覇権は後北条氏の手に移っていった。深大寺城は与えられた任 務を十分果たすことなく廃城となり、上杉氏の軍道、深大寺道も軍道としての役 割を終えた。

深大寺道の一部は既に失われてはいるが、それでもなお概ね辿ることは出来る。 今回はそんな上杉氏の軍道を、芳賀善次郎著『武蔵古道ロマンの旅』に記載され た道筋を参考に辿ってみたいと思う。
ここでは南部編に引き続き、西武新宿線柳沢駅を出発して榎ノ木通りに入り、西 武池袋線のひばりが丘駅へ。そこから東久留米市と新座市の市境を北上して黒目 川、野火止用水を経て清瀬市に入り、柳瀬川北岸の滝の城へ。帰路はJR武蔵野 線東所沢駅へ向かうものとする。



西武柳沢駅の北口を出ると賑やかな商店が軒を並べる富士街道が東西に走る。そ の商店街のを西へ200mばかり進むと、南から踏切を越えてきた榎ノ木通りと の辻に出る。辻の一角には古びた堂宇があり、六角地蔵石幢が安置されている。

六角地蔵石幢は、寛政7年(1795)に造立された。ほぼ正六角形の石柱で、 各面の上部に六体の地蔵菩薩像を浮彫りにし、その下に銘文を施している。その 銘文によれば、この石幢は「つや」という女性と「光山童子」の菩提を供養する ために、野口助右衛門と秋山十右衛門が、江戸市ヶ谷田町の石工角田屋に注文し て建立されたものという。富士街道と深大寺道が交差するところに立ち、道標を 兼ねているとのことだ。

[六角地蔵赤幢]

[榎ノ木通りに立つ庚申塔]

深大寺道はこの辻よりさらに50mばかり進んだ所の旧田無市と旧保谷市の市境 にあったと思われるが、今は消滅している。やむなくそれに近いこの榎ノ木通り を北上することにする。榎ノ木通りも古道と見えて、集落の中をうねうねと縫う 細い路地で、なかなか味のある通りだ。ほどなく車の行き交う新青梅街道と交差 する。新青梅街道を渡り更に街路を進むと保谷街道に出る。保谷街道を横切り泉 町に入ると、左手北東方向へゆるやかにカーブする辺りに来ると右手後方から来 た関道がぶつかるT字路帯が現れる。T字路帯のすぐ先に三差路があり、その一 角に古びた庚申堂がぽつんと立っている。中をみると忿怒の形相をした青面金剛 像が立っている。

傍らの由緒書によれば、この辺りは榎の木と呼ばれ、当初は江戸時代の高札場で あり、上保谷村の中心であったことから、榎の木の庚申様と呼ばれた。台石には 二鶏と三猿が刻まれ、その上に邪鬼を踏みつけた青面金剛の全身像が立っている。 江戸八丁堀松屋町のいずみや三郎左衛門の作で、正徳4年11月22日(171 4)武州新倉郡上保谷村の18人の講中によって造立されたとなっている。もと は6腕であったが、昭和20年(1945)、米空軍の爆撃で、向かって右2腕 と左1腕が失われたという。

庚申堂を後にして泉町の集落の中を進む。ちなみに沿道右手100mばかり入っ た集落の中に宝樹院という真言宗智山派の寺がある。保谷四軒寺の一つと言われ る。やがて横山道と称する道と交差する。横山道の名の由来についてはこの道筋 が横山(現八王子)に通じる道筋であったからという。

平安末から鎌倉時代初頭にかけて横山は武蔵七党の一つ横山党の本拠地であった。 横山党は多摩丘陵(古くは多摩の横山と呼んだ)を望む八王子の横山を本拠に活 躍した多摩の武士団で、鎌倉幕府草創期に重要な役割を演じた。横山道とはそん な横山から保谷を経由して新座を結ぶ古道であり、中世の武士達や軍馬はこの道 筋を往還した。

[尉殿神社本殿]

[保谷四ヶ寺の一つ寶晃院]

ちなみに横山道に沿って北東方向へ100mも進めば沿道に沿って寶晃院、東禅 寺、尉殿神社、如意輪寺と寺社が軒を並べている。寶光院と東禅寺、如意輪寺、 それに先の宝樹院を加えた四ヶ寺を保谷四軒寺と呼ぶ。

保谷四ヶ寺の寶晃院は真言宗智山派の寺で正式には金輪山寶晃院明王寺という。 尉殿神社の別当寺である。東禅寺は祥高山東禅寺という曹洞宗の寺で、元は田無 にあった西光寺が移転してきたものという。如意輪寺は真言宗智山派の寺で山号 を光明山と号す。創建年代は不詳であるが江戸時代初期と思われる。宝樹院も真 言宗智山派の寺で山号を慈光山と号す。江戸時代中頃の創建と言う。なお尉殿神 社は永正2年(1505)の創建との社伝があるが、建長年間(1249〜12 56)の創建とも言われる。祭神は級長戸辺命(シナトベノミコト)と天照大神。江戸 時代終りまで本地垂迹思想に基づき尉殿権現と称され、水の神ジョードノを祭っ たことに始まる。本地の神体は水の守護神倶利伽羅不動明王であり、垂迹(権現) の神は龍田風神の祭神級長津彦命(シナツヒコノミコト)と級長戸辺命の男女二座という。

横山道を越えると街路は一段と狭い路地となり、左に直角に折れて数10m進め ば南北に走る、いささか広くなった谷戸住吉通りに入る。おそらくここで元の深 大寺道の道筋に復したものと思われる。ひばりが丘中を右にやり、小さな住吉第 4公園を右にやりすごすと、やがて東西に走る比較的新しい広い車道に出る。前 方を見ると背の高いマンションが望見できる。西武池袋線のひばりが丘駅の界隈 に来たのだ。車道を渡りうねうねと道なりに進むと、ほどなく高層マンションの 裏手にT字でぶつかる。左へ折れて50〜60mも進めば、ひばりが丘駅へ向か う都道112号線に出る。右折して通りを北に採れば、正面がひばりが丘駅であ り、左右に西友やパルコ等、賑やかな駅前のビル群が現れる。

[栗原の路傍に佇む馬頭観音]

[神宝大橋から見る黒目川と落合川の合流風景]

駅の西側のパルコ前で踏切を渡り、「ひばり銀座商店街」の路地に入る。賑やか な商店街を抜ける辺りにミラーのある辻がある。その辻を右折して後再び北へ向 かう通りに入る。通りは西東京市を離れ、東久留米市と新座市の都県境に沿う道 となる。集落を抜けだすとやがて広い県道234号線に合流する。合流点の左5 0mばかりの所にこんもりと鎮守の森に覆われた小さな浅間神社がある。合流点 に戻り、S字状に蛇行する県道を右へ100mばかり進んでヤオコーのあるT字 路帯で再び北へ向かう通りに入る。通りに入ると程なく沿道左に古びた堂宇があ る。中には馬頭観音の文字塔1基と刻像塔1基がある。刻像塔の台座には栗原と 刻んであることから、この辺りの栗原村の講中が造立したものであろう。用水路 のある集落を抜けると前方に橋が見えてくる。黒目川にかかる神宝大橋だ。橋上 から黒目川の上流に目をやると支流の落合川が合流しているのが望見出来る。

黒目川は都立小平霊園内の遊水池「さいかち窪」を水源とし、小刻みに蛇行しな がら東流する。一方落合川は黒目川の支流で南沢緑地の4箇所の湧水を水源に北 東方向へ流れ出ている。埼玉県新座市との都県境にある神宝大橋のすぐ上流で黒 目川に合流している。合流後の黒目川は新座市南部を蛇行を繰り返しつつ流れ下 り、朝霞市に入って新河岸川へ注いでいる。水辺の道を包む東久留米のローカル な風景が清々しい。

神宝大橋を渡ると右手路傍に小さな堂宇がある。中を覗くと摩滅した石塔が1基 ぽつねんと納められている。上部は欠損しているが台座には三猿がくっきり刻ま れており、庚申塔であることは容易にわかる。堂宇の内部の側面に、『庚申塔に ついて』と題したA4用紙1枚の説明書が束ねてピンで留めてある。

100円を喜捨して、説明書を1枚取って見てみると、文面末尾に「栗原の住人」 と記されている。黒目川南岸に接する栗原地区の何方かが記載されたものらしい。 文面に目を通すと概ね以下のことが記されていた。
この辺りでは庚申塔が多く、その多くが三叉路に立っていた。村内に流行病等が外 部から進入しないように村の三方に祭られたのが始まりだという。戦前までは60 日に1日、庚申の日に住民が集まって一晩中お祭りをしたが、今はその風習はなく なってしまったこと。仏様は青面金剛で、台座の三猿(悪いものは見ザル、言わザ ル、聞かザル)は世間一般の人々への”いましめ”を示しているのだという。また この地域の庚申塔はだいたい1800年代の造塔だということ。そして最後に、た まには野の花の一輪でも差し上げたり、5円か10円かを喜捨して下さい。石仏を 大切にする心。先祖を敬う心。それは私達の心を豊かにすることに通じると・・・。

[安松金右衛門が開削した野火止用水の風景]

栗原の住人の言葉を胸にしまって庚申堂を後にする。相変わらず東久留米市と新座 市の都県境を北上する。スーパーマルフジを右にやり、交差点「神宝町一丁目」で 通りを横切ると深大寺道は急な上り坂となる。上りきった所はT字路帯で東久留米 市立第四小がある。小学校を左に見てS字状にうねりながら道なりに進むと、沿道 左は東久留米団地が広がる。団地の端で狭い車道を越えれば道はすっぽり新座市に 入る。数軒の民家をそのまますり抜けると突然のどかな畑地の風景に変貌する。道 は畑の真ん中を真っ直ぐに北に突ききり、民家の前の通りでT字路でぶつかる。か つての深大寺道はこのまま直進したのであろうが、今は消えてしまっている。右折 して100mばかり東へ進んで再び北へ向かう富士見新道と称する道筋に入る。道 幅が狭い割りに車両の通行が多いので注意が必要だ。ほどなく「西堀公園」の道標 の掛かる水道通りと交差する。水道通りの南側に沿って一条の用水路と遊歩道が走 っている。遊歩道は馬喰橋通りといい、用水路は野火止用水である。あの知恵伊豆 の家臣安松金右衛門が開削した水路だ。橋の傍らには古びた堂宇があり、庚申塔と 馬頭観音が祀られている。

野火止用水は江戸時代明暦元年(1655)、玉川上水開削工事を指揮した老中で 川越藩主の松平伊豆守信綱がその功績により玉川上水の水量の3/10を不毛の野 火止原野に分水することを許され開削した用水だ。小平で分水され東村山、清瀬、 東久留米、埼玉県の新座を通り、一部は平林寺に注ぎ、新河岸川に至る全長25k mに及ぶ用水である。野火止新田開発に尽力した伊豆守をたたえ伊豆殿堀とも呼ば れる。実際の開削工事は信綱の家臣で数理に秀でた土木技師安松金右衛門によって 行われた。三千両の資金で一度も失敗することなく40日余で開削したと伝えられ る。彼はまた玉川上水開削工事に二度の失敗を繰り返し難渋する玉川兄弟を技術面 で陰ながら支援した人物としても知られている。

富士見新道を北に進む。やがて沿道左には広大な米軍通信隊基地が広がり、右手に は総合運動場が展開する。まさに辺り一面武蔵野台地といった景観になる。その広 大な空間をただひたすら北上すると、やがて家屋が現れ「本多庭球場」の道標のか かる辻で陣屋通りと交差する。”陣屋通り”の名はこの通りがここより東にある平 林寺の傍らにあった陣屋に通じる道であったからだ。程なく車の行き交う志木街道 にT字路でぶつかる。左折して100mも西へ進めば、道標「清瀬旭が丘団地」の 掛かるT字路帯に来る。ここから北へ向かう道が恐らく深大寺道の続きであろう。 恵山通りを右にやると程なく旭が丘団地南縁の車道に出る。ここより新座市から清 瀬市に移る。深大寺道は団地で消えているので左へ迂回する。車道を左にとるとす ぐ団地の西側を南北に走る旭が丘通りにでる。角の団地の一角にはこんもりと雑木 林で覆われた小公園になっている。旭が丘通りを北へ進むと柳瀬川通りと交差する。 交差点の北東角地の土手の上には鎮守の杜があり、上宮稲荷神社になっている。交 差点を渡りゆったりとS字状に蛇行しながら緩やかな坂道を上ると、上がりきった 所で右手方向に分岐する細い下り坂の路地がある。観音坂といって、坂の100m 先には寺の屋根が見える。清瀬の古刹清水山円通寺だ。

[清瀬の古刹円通寺の山門と長屋門]

清水山圓通寺は真言宗豊山派の寺で、南北朝時代の暦応3年(1340)の創建で、 清瀬では最も古い寺とされる。清瀬古道に面する寺の山門の横には重厚な造りの長 屋門が目を惹く。寄棟瓦葺(もとは茅葺)で正面14.1m、奥行き4.7mもあ る立派なもので天保15年(1844)の再建という。山門のそばには地蔵や道祖 神など石仏・石塔が佇む。山門をくぐれば、正面に銅板葺の本堂、右に鐘楼があり、 傍らに弘法大師像が立っている。本尊は木造観世音菩薩立像で別名”駒止観音(コマ ドメカンノン)”と呼ばれている。
駒止観音にはこんな伝説が残されている。この観世音菩薩像は建武中興戦争で活躍 した新田義貞の弟脇屋義助が、劣勢の南朝を立て直すため北畠顕家と再挙をはかる べく奥州へ下向する途中、鎌倉松ヶ岡の東慶寺から守り本尊として奉持したもので、 初め圓通寺の門前に堂を建てて安置したという。ところがそれ以来、馬に乗ったま まここを通ろうとするとなぜか必ず落馬した。このことから別名駒止観音と呼ばれ る様になったという。そして観音像はいつしか圓通寺の本尊になったのだそうだ。 圓通寺に通じる観音坂はこの観世音菩薩像に由来すると言われる。
⇒⇒⇒  昔々の多摩話−圓通寺の駒止観音

円通寺を後にして旭が丘通りに復する。間もなく柳瀬川に架かる城前橋の袂に来る。 城のデザインをあしらったなかなか趣のある橋だ。下を流れる柳瀬川は清瀬市と所 沢市との都県境を流れる川だ。柳瀬川の北岸を眺めると中世の山城滝の城址のある 城山が望見できる。上杉氏の重臣で大石氏の城だ。川越城と深大寺城の中間点に立 つ城だ。

柳瀬川は荒川水系に属する川だ。狭山丘陵の北麓を水源に、所沢の南部を小刻みに 蛇行しながら東流し、東村山市に接する辺りまで来ると南西方向から流下してきた 前川と北川を吸収。更に所沢市と東村山市の市境を東流して、所沢市と清瀬市の市 境に入ると、中里付近で再び南西方向から流れ下ってきた空堀川を吸収する。その まま市境を辿る様に流れてやがて、この城前橋の下を通って清瀬市を抜け埼玉領域 へと流れ出て行く。

城前橋を渡り所沢市域の滝の城址を目指す。橋の北詰めから右に分岐する土の側道 に入るとすぐ、滝の城址公園の駐車場に入る。駐車場の中を抜けて高い武蔵野線の ガード下をくぐるとそこが城址公園になっている。公園は鬱蒼と樹々で覆われた城 山を背景に、野球グランドやテニスコートが広がり、緑多い実にしっとり落ち着い た公園だ。園内の小道を進むとすぐ城山の麓にぶつかる。そこから城址へ向かう石 垣に沿う階段が用意されている。階段を左回りに回り込み城山の中腹へ上がると、 右手に「城山神社」と刻んだ石柱があり、傍らに「城山神社」の神額を掛けた石の 鳥居が立っている。鳥居の先は細い急階段で、ここを一気に駆け上がり、再び木製 の鳥居をくぐるとそこが城山の頂上で、そこに神社の本殿がある。山上のこの平坦 な境内が滝の城の本丸跡なのだ。本丸の南側は断崖絶壁になっていて、そこに立っ て眼下を望むと、柳瀬川を挟んではるか清瀬市内を見渡すことが出来る。さすがに 戦国の平山城だと感心するそんな要害の地と言える。

[滝の城址本丸跡から眼下の柳瀬川を望む]

滝の城は室町から戦国時代にかけて、自らを木曾義仲の後裔と称し、関東管領上 杉氏の重臣として多摩に勢力を振るった大石氏が築城したとものと伝えられる。 第12代大石定重の時、八王子の多摩川沿いの加住丘陵に滝山城を築きこれを本 城とし、またこの柳瀬川の北岸の地に滝の城を築いてこれを支城とした。文明1 0〜18年(1478〜1486)のことと推定される。しかし次の大石定久の 時、上杉氏が小田原北条氏との関東の覇権をめぐる争いに敗れれると、定久は北 条氏の圧力に抗しきれず、北条氏康の次男氏照を娘婿に迎え入れて滝山城を譲り、 自らは五日市の戸倉城に隠棲した。これに伴い滝の城も同様に北条氏照の持ち城 になった。
関東を手中にした北条氏であったが天正18年(1590)、天下統一を目指す 豊臣秀吉の攻撃によって、関東各地の北条氏の支城は次々と落城、ついには小田 原本城も落とされて北条氏は滅亡した。太田下野守の守備する滝の城が一戦交え て落城したのか、戦わずして開城したのか不明だが、いずれにせよ戦国の終焉と ともに廃城となった。

本丸の社殿に向かって左手にある大きな石の鳥居をくぐると左に社務所、右手前 方に二の丸がある。その二の丸の手前を右へ入る小道は三の丸へ向かう道だ。空 堀の遺構が見事に残されている。城址を出て東所沢病院を左にやると東西に走る 広い車道に出る。ここは地名が『城』と呼ばれる所で古い土地柄だ。深大寺道は ここから更に北を目指して川越へ向かうのであるが、古道を辿る旅はひとまずこ こで終わりとする。帰路はここから西へ2kmばかり離れたJR武蔵野線東所沢 駅へ向かうものとする。車道を西へ辿り、武蔵野線の陸橋を渡り、T字路帯「本 郷」でオリンピック通りをやりすごすと、通りは欅並木に変貌する。そのまま真 っ直ぐ車道を進んで、交差点「東所沢駅入口」で右折すれば駅はすぐそこにある。

[関連する道筋] 中世の軍道、深大寺道を行く(南部編)

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )
ご意見ご感想:ezm03135@nifty.com