西町緑道・栄緑道廃線跡の道
距離:約8Km、所要時間:約1時間 <通過エリア: 国立、国分寺、立川>
[緑道・廃線シリーズ]

道幅起伏人通り交通量風景メモ
普通〜狭い無し普通〜少ない無し〜多い多い緑道の風景廃線跡・モノレール

[南砂川小の裏を走る廃線跡の栄緑道の風景]

立川市は近年中央線に多摩都市モノレールが南北に交差し、多摩の中心として 急速に近代都市として変貌を遂げつつある。ところで一方では立川には戦前か ら戦後のある時期まで活躍した鉄道があった。その廃線跡は現在緑道となって 残り、市民の憩いの散歩道になっている。

立川には戦前陸軍の立川飛行場があり、立川駅から飛行場に至る3.2kmの 引込線が敷設され蒸気機関車による資材運搬が行われていた。戦後米軍に接収 された後も昭和43年迄ジェット燃料輸送に使われた。昭和52年立川基地は 全面返還され、不要となった線路は撤去され緑地化された。国分寺市は西町緑 地、立川市は栄緑地となって今日に至っている。この辺の事情は山田俊明著「 多摩幻の鉄道 廃線跡を行く」(のんぶる社)に詳しく記載されている。

今回はJR南武線西立川駅からこの廃線跡の緑道に入り、往時を偲びながらこ れを辿り、続いて最新のモノレール沿線に沿ってJR立川駅迄走る。この走行 を通じて変貌する立川を肌で感じてみよう。



西国立駅を出て北東方向へ伸びる細い路地を進む。リサイクルショップの前を 過ぎ、六小の前の車道に出る。自衛隊駐屯地へ直結する中央線踏み切りへ向か う。踏み切り迄交通量はやや多いがわかりやすい車道をとるか、車を避けて住 宅街の中を進むかは自由選択だ。踏み切りを渡りすぐ右斜めへ入る細い小径に 入るが、右手の草生した土手に注意して欲しい。廃線となった引込線の跡を今 もはっきりと認めることが出来る。小径を抜け北大通りを渡ると北第一公園だ。 この公園の北東端から廃線跡の緑道が始まる。

[早春の栄緑道に沿う梅林の風景]

緑道に入ってしばらく進むとレールで出来たアーチを潜る。緑道の由来を記す ものは何もないので、廃線跡と知らない人はこのレールのアーチが何を意味す るものかわからないことと思う。ここから国分寺市の西町緑地となるが程なく 立川市に入り栄緑地となる。幅2mほどの舗装された小径の両側はつつじで埋 め尽くされ、多種多様の常緑樹や落葉樹が植樹され、また適度な間隔でベンチ や水場等が用意されていて、実に良く整備されている。車道を横切り左に緩や かにカーブする南砂小の裏手辺りに来ると、右手は広々した田園風景が広がり、 かって機関車が走っていた頃の風景が偲ばれる。やがて造園業者の整然とした 園芸林の中を通る。その一角には広い梅畑があり3月には白い花を一杯咲かせ てくれる。ここを抜けると車の行き交う立川通りに出る。通りを渡ると緑道は 住宅街の中を縫うように走る。銀杏の並木が見え出したら緑道の終わりのゲー トが見えてくる。ゲートを潜るとそこは芋窪街道だ。街道の筋向いには光隆寺 という小さな寺があり、その右隣に今は門塀で閉ざされた続きの道がある。門 塀の隙間から中を覗くと50m程続いて終わっている。現在辿れる廃線跡の終 着点だ。道の両サイドはおよそ20本づつ計40本余りの立派な桜(ソメイヨシノ) が立ち並び、普段は門塀は閉められているが桜の頃は開門し赤い提灯をぶらさ げて花見客を迎えてくれる。以前はよく訪れた所だが、当時はこの道が廃線跡 とは夢にも知らなかった。
緑道を後にし芋窪街道を北へ向かう。街道は歩道が狭く走りにくいがほんのし ばらくなので我慢しょう。ほどなく左側上方から多摩都市モノレールの高架軌 道が迫り前方には泉体育館駅が見えてくる。平成12年1月10日から多摩セ ンターと上北台間の全線が開通した。4両編成の銀白色の車体にオレンジ色の デザインがほどこされた最先端のモノレールが行き交い、つい先ほどの廃線跡 を思うと時代の変遷を感じざるを得ない。
六中と泉体育館の間のT字路で左折し一方通行路に入る。この道は数十本の桜 の大木からなる並木道で4月上旬は桜のトンネルに、夏は鬱蒼とした木陰道と なり大変気持ちのいい通りだ。六中の隣の砂川高校横を過ぎると一方通行路は 終わり小さな交差点に出るのでここを左折する。最近整備されたばかりの真新 しい通りが緩やかに左へカーブしている。トウカエデの街路樹はまだまだ小さ く将来が楽しみだ。市営や都営の団地を右に見ながらゆったりした歩道を走る と南北道路とのT字路にぶつかる。ここを左折し一路南へ立川駅へ向かう。左 の大きな工場敷地は立飛企業だ。立飛企業の前身立川飛行機は戦前陸軍軍用機 を製造していた所だ。通りの右手は広大な基地跡で今は防災基地としての役割 を担っている。その道路沿いの一角に多摩都市モノレール運営基地があり本線 からの引き込み線が入ってきている。

大正11年(1922年)武蔵野を切り開いて立川陸軍飛行場が作られ、飛行 第五戦隊が創設された。昭和に入って軍需工場が次々と建設され、立川は軍都 として栄えた。戦時中は米軍の激しい空襲にさらされ、戦後は米軍に接収され、 軍用飛行場として利用された。昭和30年、大型機発着のため立川基地の拡張 が発表されると、これに激しく抵抗する砂川の住民と流血の砂川闘争が始まり、 このため米軍は拡張をあきらめ横田基地へ移転していった。昭和52年立川基 地は全面返還され、跡地は自衛隊の駐屯地、防災基地の他、一部が国営昭和記 念公園となった。

さてモノレール運営基地横を通り過ぎると、前方には泉体育館から立飛企業の 敷地内を抜け出てきたモノレールの軌道と再び出会う。高松駅からしばらくモ ノレールと平走した後、再びモノレールから離れる。まもなくファーレ立川の ビル群に入れば立川駅はもうすぐだ。

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )
ご意見ご感想:EZM03135@nifty.ne.jp