市内周遊シリーズ

シリーズジョギング道通過するエリア
里・市内周遊東久留米の里道−南町・南沢の雑木林を巡る道
東久留米には雑木林が点在する。田無駅から多摩六都科学館、柳新田通りを経て南町緑地の雑木林、続いて落合川水源の南沢緑地、次いで竹林公園を訪ねて東久留米駅へ至る。
西東京(田無)、東久留米
歴史・市内周遊・ハケ国分寺の歴史と文学を辿る道
国分寺市は国分寺跡や鎌倉古道等歴史の宝庫だ。小説の舞台にもなった。国分寺駅からお鷹の道、国分寺・国分尼寺跡を経て鎌倉古道を通り、東福寺、姿見の池等を辿る。
国分寺
市内周遊・歴史新撰組のふるさと日野宿から日奉氏の里道へ
新撰組のふるさと日野宿から日野っ原と呼ばれた日野台へ。台地の北端と台地下の多摩川河畔には日野の始祖日奉氏ゆかりの史跡が残る。日野駅から旧日野宿、神明を経て日野台を巡り、日奉氏の里・栄町を経て再び日野駅に至る。
日野
市内周遊日野東部・多摩丘陵縦断の道
日野は低地に多摩川や浅川、丘陵地に雑木林を残し、古い歴史を今伝える土地柄だ。立川駅から多摩川を越えて日野に入り、高幡不動から多摩丘陵へ。多摩動物園、平山を経て豊田駅に至る。
日野
歴史・市内周遊万葉と渡来人の里・狛江郷を巡る道
調布から狛江にかけては古くは狛江郷と呼ばれた。高麗から渡来人が多数住み着きその名が生まれた。渡来人の足跡を訪ねて調布駅を出発し、深大寺、祇園寺、万葉歌碑,狛江百塚と巡り狛江駅に至る。
調布、狛江
市内周遊向ノ岡を越えて多摩市周遊の道
向ノ岡は古より古歌に詠われた優美な丘陵である。高幡不動駅から多摩川へ、小野神社・聖蹟桜ヶ丘駅を経て向ノ岡の桜ヶ丘公園を訪ねた後、多摩ニュータウンを抜けて多摩センター駅に至る。
多摩、日野
歴史・市内周遊奥多摩街道を辿る立川から拝島への道
奥多摩街道は立川日野橋交差点から青梅に至る道筋だ。沿道には古社寺が多く地ビールが楽しめる酒蔵もある。立川駅から奥多摩街道に入り、普済寺、拝島大師を経て拝島駅に至る。
立川、昭島、福生
川・市内周遊柳瀬川水辺の道から清瀬市内周遊へ
柳瀬川は北多摩と埼玉の都県境を流れる川だ。水辺には豊かな緑と町並み、城址が佇み、志木街道には古社寺が散在する。新秋津駅から柳瀬川水辺の道を辿り、滝の城址から志木街道を経て清瀬駅に至る。
清瀬、所沢
里・市内周遊稲城の坂浜・百村の里道を行く
稲城の坂浜・百村には、小田良谷戸、蟹谷戸、清水谷戸など多くの谷戸があり、稲城のよき里風景を今に留めている。そんな里風景を求めて、若葉台駅から谷戸の里道を辿って稲城駅へ至る。
稲城

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )