所沢のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
空掘川水辺の道
空掘川は狭山丘陵を水源として北多摩を流れるローカルな川だ。西武国分寺線小川駅から空掘川のほとりに出て、水辺に沿って柳瀬川との合流点を経て武蔵野線東所沢駅に至る道筋を紹介する。
小平、東村山、清瀬、所沢
湖畔多摩湖・狭山湖の湖畔の道を行く
大正から昭和の初頭に作られた最新鋭の人造湖。湖水は青く澄みわたり、湖畔は緑と静寂に包まれた素晴らしい所だ。武蔵大和駅をスタートし多摩湖・狭山湖の湖畔を巡り景観と湖畔に佇む旧跡を訪ねる。
東大和、所沢
歴史・古道坂東武者が駆け抜けた鎌倉街道上ノ道(北部編)
鎌倉街道上ノ道は新田義貞など坂東武者が疾駆した道筋だ。今は亡き芳賀善次郎氏の名著「旧鎌倉街道探索の旅 上ノ道編」を元に、西国分寺駅から久米川古戦場等を経て所沢駅まで辿る。
国分寺、小平、東村山、所沢
歴史・古道兵どもの夢の跡、武蔵野の古戦場小手指原を行く
鎌倉街道上ノ道には中世の古戦場が点在する。中でも小手指原は元弘の変、武蔵野合戦などの古戦場だ。東村山駅から鎌倉道に沿って、武蔵野を血で染めた小手指原古戦場を目指す。
東村山、所沢、狭山
古道旧久米川宿から所沢の鎌倉街道上ノ道を行く
鎌倉街道上ノ道は建武中興戦争における新田義貞の鎌倉攻めの道筋である。今回は鎌倉街道上ノ道のうち旧久米川宿から所沢市域の鎌倉道を辿ることにする。東村山駅を出発し鎌倉道に沿って散在する寺社を巡りながら、新所沢駅に至るものとする。
東村山、所沢
川・市内周遊柳瀬川水辺の道から清瀬市内周遊へ
柳瀬川は北多摩と埼玉の都県境を流れる川だ。水辺には豊かな緑と町並み、城址が佇み、志木街道には古社寺が散在する。新秋津駅から柳瀬川水辺の道を辿り、滝の城址から志木街道を経て清瀬駅に至る。
清瀬、所沢
古道中世の軍道、深大寺道を行く(北部編)
深大寺道は中世の頃、後北条氏に対抗する管領上杉氏が拓いた軍道だ。調布の深大寺城と川越本城とを結ぶ。西武新宿柳沢駅を出発し、ひばりが丘駅を経て、柳瀬川ほとりの滝の城へ向かう。
西東京、東久留米、清瀬、新座、所沢


多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )