杉並区のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
川・避暑玉川上水水辺の道(下流域)
玉川上水は江戸の水不足解消のため玉川兄弟によって開削された水路だ。水辺に雑木林が残る多摩の代表的な散策路だ。中央線三鷹駅から川沿いに暗渠になる下流端まで辿ってみる。
三鷹、杉並
川・緑道浅間橋から四谷大木戸へ暗渠の玉川上水を行く
玉川上水は江戸時代、玉川兄弟によって開削された人工の水路である。現在の上水は浅間橋から先は暗渠になっているが大半は緑道として残されている。京王井の頭線の富士見ヶ丘駅を出発し浅間橋から終端の四谷大木戸迄を辿る。
杉並・世田谷・渋谷・新宿
川・桜井の頭池から神田川水辺の道へ
神田川は江戸時代に上水用として用いられたことから神田上水とも言われる。今回は中央線吉祥寺駅を出発し、水源の井の頭池から神田川沿いに京王井の頭線明大前駅まで辿る。
武蔵野、三鷹、杉並
川・歴史神田上水のふるさと、善福寺池・妙正寺池を巡る道
神田上水の水源、善福寺池、妙正寺池を巡る。道筋には頼朝伝説の井草八幡や太田道灌の旧跡が散在する。西荻窪駅から善福寺川水辺を経て水源へ。井草川、妙正寺池を経て西武鷺宮駅へ至る。
杉並、中野
善福寺川水辺の道
善福寺川は善福寺池を水源に南東方向に流れ神田川に注ぐ。流域には善福寺川公園、和田掘公園が広がり、河畔には大宮八幡宮が佇む。荻窪駅から水辺の道を辿り永福町駅に至る。
杉並
歴史太田道灌の石神井城城攻めの道を行く
杉並区から練馬区にかけての住宅街には戦国初頭の智将太田道灌と豊島氏との間で繰り広げられた戦跡が散在する。西荻窪駅から荻窪八幡、井草通りを経て城跡のある石神井池へ。帰路は西武池袋線石神井公園駅に出る。
杉並、練馬

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )