大田区のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
歴史・川多摩川下流域の古代南武蔵の原風景を訪ねる道
多摩川下流域の北岸台地上に4〜7世紀築造の荏原台古墳群が東西に連なる。中には100mを越す巨大古墳もある。古代南武蔵の原風景を求めて、二子玉川駅を出発し古墳群を辿る。
世田谷区、大田区
古道・歴史筏師の歩いた道、狛江・世田谷・田園調布の筏道を行く
幕末から明治にかけて青梅・奥多摩の筏師が筏を流しで多摩川を下り、六郷で材を売り渡した後、徒歩で故郷への家路を急いだ道筋を筏道いう。ここでは狛江から世田谷、田園調布と、彼らが辿った道筋を遡る形で辿ってみる。
狛江、世田谷区、大田区
古道・歴史筏師の歩いた道、田園調布から六郷へ筏道を行く
多摩川の筏は奥多摩から大田区の六郷まで下って木場の商人に売り渡すと、筏師は大金を懐に陸路で村へ帰っていった。彼らが家路を急いだ道筋は筏道と呼ばれる。今回はそんな筏師が歩いた道筋のうち、田園調布の多摩川駅から六郷河原までの筏道を辿る。
大田区

多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )