青梅のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
養沢川水辺と御岳山越えの道
養沢川は五日市と青梅の間に横たわる深い山並みの谷筋を流れる川だ。武蔵五日市駅を出発し檜原街道から養沢川沿いの道に入る。御岳山頂を極めた後滝本駅へ下り御岳駅へ至る。
五日市、青梅
霞川水辺の道
霞川は青梅の東北部の平野部を流れる。川沿いには中世の城跡が残され、今寺付近の田園風景は特に素晴らしい。青梅駅から水源の永山谷に入り、霞川の水辺の道を辿って八高線の金子駅へ至る。
青梅、入間
観梅青梅丘陵から吉野梅郷への道
吉野には25,000本もの梅があり観梅ジョギングが楽しめる。ここでは青梅丘陵経由で吉野梅郷を訪ねる。青梅駅を出発し、青梅丘陵ハイキングコースを辿って日向和田に下り吉野梅郷に至る。
青梅
観梅・里青梅の観梅の里道を行く
青梅市内には至るところ梅林がある。中でも吉野梅郷は段とつの規模を誇る梅郷だ。青梅駅を出発し、青梅の観梅の里道を辿りながら散在する名所旧跡を訪ね、日向和田の吉野梅郷へ向う。帰路は草思通りを経て二俣尾駅へ至る。
青梅
峠・山長淵丘陵から二ツ塚・馬引沢峠を経て吉野梅郷への道
五日市と青梅を分ける長淵丘陵には鎌倉古道と心打つ伝説が残る。青梅駅を出発し、秋川街道から長淵丘陵に入る。二ツ塚峠、馬引沢峠、天狗岩等を経て吉野梅郷に下り、日向和田駅へ至る。
青梅
峠・山・歴史大久野から二俣尾へ 将門伝説を辿る峠越えの道
大久野の勝峰山にば将門伝説が残り、梅野木峠を越えた二俣尾には自称将門の後胤と称した三田氏の菩提寺がある。将門伝説を追って武蔵五日市を出発し大久野、肝要から梅野木峠を越えて二俣尾まで旅する。
五日市、日の出、青梅
高水三山への道
御岳渓谷の北側に並ぶ高水山、岩茸石山、惣岳山を高水三山と呼ぶ。青梅線軍畑駅から鎌倉古道を経て、尾根伝いに高水三山を辿り御嶽駅へ至る。
青梅
御岳山・日の出山と吉野梅郷への道
御岳山、日の出山、三室山と吉野梅郷の里の風景を求めて、御嶽駅から御岳渓谷を経て御岳山に上り、尾根伝いに日の出山、三室山を辿って吉野梅郷へ下り、日向和田駅へ至る。
青梅
御岳山から鳩ノ巣への道
多摩の霊山御岳山は奥多摩山岳ツアーの拠点だ。一方奥多摩を代表する渓谷に御岳渓谷や鳩ノ巣渓谷がある。今回御嶽駅から御岳渓谷を経由して御岳山へ。山頂から大楢峠を経て鳩ノ巣渓谷へ下る。
青梅
歴史・山青梅丘陵から辛垣城址へ三田氏ゆかりの道を行く
青梅丘陵の尾根道は素晴らしい眺望が広がる。辛垣山には奥多摩を支配した三田氏の山城跡がある。青梅駅から青梅丘陵に入り、矢倉台、辛垣山、雷電山、榎峠を経て軍畑駅へ至る。
青梅
丘・峠霞丘陵尾根道から七国峠への道
青梅の霞丘陵には勝沼城址や塩船観音寺が佇み、尾根道は雑木林の散策路となっている。また赤坂峠や笹仁田峠は御用白土の搬送路として、七国峠は青梅と飯能を繋ぐ道として利用された。今回はそんな霞丘陵を東青梅駅から辿る。
青梅
古道・歴史青梅新町の御用白土伝馬街道を行く
青梅新町は吉野織部之助が多摩で最初に切り開いた新田村だ。新町村には江戸城修築に使われた成木白土「石灰」を江戸へ運んだ伝馬道が今も残されている。河辺駅から箱根ヶ埼駅迄、織部之助の足跡と伝馬道を辿ってみる。
青梅・羽村・瑞穂
古道・峠吹上峠を越えて白粉の道、成木街道を行く
成木は良質の石灰岩を産し御用石灰として江戸へ運ばれた。成木街道はこうした白粉の通り道だった。東青梅駅を出発し成木街道をに沿って終点上成木の小沢トンネルに向かう。帰路は鎌倉古道に沿って軍畑駅に出る。
青梅
歴史・古道東国武士の踏み固めた鎌倉街道山ノ道(北部編)
鎌倉街道山ノ道は多摩の山辺を走る道筋だ。鎌倉武将畠山重忠にゆかりが深い。そんな道筋を追って、武蔵増戸駅から馬引沢峠を越えて青梅に入り、軍畑駅まで辿る。
五日市、日の出、青梅
湖畔・古道鎌倉古道を辿る名栗湖畔への道
軍畑駅の傍らを流れる平溝川に沿う道筋は鎌倉古道だ。古道を北に3山越えれば秩父の玄関口名栗村に至る。そこには深山に囲まれてひっそり佇む名栗湖がある。軍畑駅から古道を北に名栗湖畔を目指す。
青梅、名栗
渓谷御岳渓谷,鳩ノ巣渓谷,数馬峡を辿る奥多摩への道
奥多摩渓谷は透き通る様な青い渓流に巨岩や奇岩があふれ、春は新緑、秋は紅葉が素晴らしい。そんな渓谷美を求めて青梅軍畑駅から御岳渓谷、鳩ノ巣渓谷、数馬峡の谷筋の道を辿り奥多摩駅へ至る。
青梅、奥多摩

多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )