三鷹のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
川・避暑玉川上水水辺の道(下流域)
玉川上水は江戸の水不足解消のため玉川兄弟によって開削された水路だ。水辺に雑木林が残る多摩の代表的な散策路だ。中央線三鷹駅から川沿いに暗渠になる下流端まで辿ってみる。
三鷹、杉並
川・桜井の頭池から神田川水辺の道へ
神田川は江戸時代に上水用として用いられたことから神田上水とも言われる。今回は中央線吉祥寺駅を出発し、水源の井の頭池から神田川沿いに京王井の頭線明大前駅まで辿る。
武蔵野、三鷹、杉並
川・桜野川水辺の道
野川は国分寺の湧水を水源に、国分寺崖線に沿って武蔵野台地を流れ下り、二子玉川で多摩川に合流している。武蔵小金井駅から野川に出て、水辺に沿って世田谷の喜多見まで辿る。
小金井、三鷹、調布、狛江
下連雀から仙川水辺の道へ
仙川は小金井に端を発し、三鷹、調布を経て世田谷で野川に合流している。仙川の名は川床に釜の様な形をした湧水の噴出孔が多数あったことによる。三鷹の野川宿橋から仙川に沿って水辺の道を走る。
三鷹、調布、世田谷
古道中世の軍道、深大寺道を行く(南部編)
深大寺道は中世の頃、後北条氏に対抗する管領上杉氏が拓いた軍道だ。調布の深大寺城址と川越本城とを結ぶ。京王線調布駅を出発し、深大寺城に立ち寄った後、西武柳沢駅へ向かう。
調布、三鷹、武蔵野、西東京
緑道・廃線堀合・グリーンパーク遊歩道から武蔵関への道
かつて三鷹駅から国鉄スワローズの球場へ向かう一本の鉄道が走っていた。その廃線跡が堀合・グリーンパーク遊歩道だ。三鷹駅から遊歩道を辿り、武蔵関公園を経て武蔵関駅へ至る。
三鷹、武蔵野、練馬
大通り東八道路銀杏の道
東八道路は通称30m道路とも呼ばれ、ジョギングのトレーニングコースに最適だ。西国分寺駅から府中街道を経て東八道路に入る。多磨霊園、野川公園横を通って井の頭線久我山駅へ至る。
国分寺、府中、小金井、三鷹


多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )