小金井のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
川・避暑玉川上水水辺の道(中流域)
玉川上水は江戸の水不足解消のため玉川兄弟によって開削された水路だ。水辺に雑木林が残る多摩の代表的な散策路だ。西武拝島線玉川上水駅から川沿いに三鷹駅まで辿ってみる。
立川、小平、小金井、武蔵野
川・桜野川水辺の道
野川は国分寺の湧水を水源に、国分寺崖線に沿って武蔵野台地を流れ下り、二子玉川で多摩川に合流している。武蔵小金井駅から野川に出て、水辺に沿って世田谷の喜多見まで辿る。
小金井、三鷹、調布、狛江
川・古道小金井・鈴木街道から千川上水・石神井川水辺の道へ
北多摩には江戸時代に拓かれた鈴木新田と千川上水があり、東流する石神井川の畔には落城悲話を残す城址と三宝寺池が佇む。武蔵小金井駅より鈴木街道、千川上水、石神井川を経て石神井公園三宝寺池に至る。
小金井、小平、田無、保谷、練馬
ハケお鷹の道からはけの道へ歴史と文学を辿る道
多摩の歴史と自然を求めて、国分寺崖線下に沿う「お鷹の道」「はけの道」を辿る。西国分寺駅から「お鷹の道」、貫井神社、薬師通りを経て「はけの道」に入り、野川公園の二枚橋に至る。
国分寺、小金井
大通り東八道路銀杏の道
東八道路は通称30m道路とも呼ばれ、ジョギングのトレーニングコースに最適だ。西国分寺駅から府中街道を経て東八道路に入る。多磨霊園、野川公園横を通って井の頭線久我山駅へ至る。
国分寺、府中、小金井、三鷹
古道新田開発の夢を託した陣屋道を行く
江戸時代、関野新田を開発した下小金井村の関勘右衛門が陣屋と屋敷を往還した道が陣屋道だ。小金井駅から陣屋道に入り、三光院、浴恩館、陣屋跡を経て終着点花小金井駅に至る。
小金井、小平

多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )