小平のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
空掘川水辺の道
空掘川は狭山丘陵を水源として北多摩を流れるローカルな川だ。西武国分寺線小川駅から空掘川のほとりに出て、水辺に沿って柳瀬川との合流点を経て武蔵野線東所沢駅に至る道筋を紹介する。
小平、東村山、清瀬、所沢
黒目川源流から落合川合流点へ水辺の道を行く
黒目川は小平霊園のさいかち窪を水源に、柳窪から東久留米市内を東流し落合川を吸収して新座市へ流れ出て行く。水辺の多くは瀟洒な緑道となっている。小平駅から黒目川水源に向かった後、水辺に沿って落合川合流点を目指す。
小平、東久留米
川・避暑玉川上水水辺の道(中流域)
玉川上水は江戸の水不足解消のため玉川兄弟によって開削された水路だ。水辺に雑木林が残る多摩の代表的な散策路だ。西武拝島線玉川上水駅から川沿いに三鷹駅まで辿ってみる。
立川、小平、小金井、武蔵野
川・古道小金井・鈴木街道から千川上水・石神井川水辺の道へ
北多摩には江戸時代に拓かれた鈴木新田と千川上水があり、東流する石神井川の畔には落城悲話を残す城址と三宝寺池が佇む。武蔵小金井駅より鈴木街道、千川上水、石神井川を経て石神井公園三宝寺池に至る。
小金井、小平、田無、保谷、練馬
歴史・古道坂東武者が駆け抜けた鎌倉街道上ノ道(北部編)
鎌倉街道上ノ道は新田義貞など坂東武者が疾駆した道筋だ。今は亡き芳賀善次郎氏の名著「旧鎌倉街道探索の旅 上ノ道編」を元に、西国分寺駅から久米川古戦場等を経て所沢駅まで辿る。
国分寺、小平、東村山、所沢
緑道多摩湖自転車道から多摩湖への道
多摩湖から武蔵境の境浄水場迄敷かれた水道の上に多摩湖自転車道は作られている。武蔵境駅から多摩湖自転車道に入り、ひたすら真直ぐに進んで西武多摩湖線武蔵大和駅まで旅する。
武蔵野、保谷、田無、小平、東村山
雨模様雨模様の多摩湖沿線の道
雨模様の日でも工夫すれば走れる。ここでは国分寺駅から武蔵大和駅までの西武多摩湖線沿いの道筋を紹介する。
国分寺、小平、東村山
避暑野火止用水から玉川上水へ木陰の道
雑木林をうまく繋げば長距離の木陰道が作れる。西武拝島線東大和市駅から野火止用水の木陰道を経て玉川上水に入る。上流の金毘羅橋から下流の桜橋迄の深い雑木林の中を走れる。
東大和、立川、小平
古道新田開発の夢を託した陣屋道を行く
江戸時代、関野新田を開発した下小金井村の関勘右衛門が陣屋と屋敷を往還した道が陣屋道だ。小金井駅から陣屋道に入り、三光院、浴恩館、陣屋跡を経て終着点花小金井駅に至る。
小金井、小平

多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )