檜原のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
渓谷・歴史秋川渓谷から払沢の滝へ檜原街道を行く
秋川の故郷檜原は古来関東防衛の前線基地として山城が築かれた。檜原谷には今も戦国悲話が残されている。渓谷美と歴史を求めて武蔵五日市駅から檜原街道に沿って檜原村に入り、払沢の滝を目指す。
五日市、檜原
渓谷・歴史北秋川渓谷に沿って檜原北谷を行く
秋川の故郷檜原。浅間嶺を挟んで北側を北谷、南側を南谷と呼ぶ。北谷には払沢の滝や神戸岩など豊かな自然、それに幾多の歴史的遺産が散在し、また戦国悲話が残る。本宿から北秋川沿いに藤倉まで走る。
檜原
渓谷・歴史南秋川渓谷を辿る檜原数馬への道
檜原南谷には懐かしい兜屋根の集落、数馬の湯や蛇の湯等豊かな自然があふれる。古くから落人の里として知られている。本宿から南秋川沿いに檜原街道を進み、笹野、柏木野、川乗、人里を経て数馬へ至る。
檜原
山・古道浅間尾根の古甲州道を行く
浅間尾根は古い甲州への道筋だ。甲州武田に対する防衛上重要な道筋であり、また檜原村民の大切な生活道でもあった。払沢の滝から時坂峠、浅間尾根道、浅間嶺を経て人里へ至る。
檜原
丹三郎から御岳・大岳山を経て檜原北谷千足への道
古里の丹三郎から御嶽山系を越えて檜原北谷の千足まで辿る。道筋には大塚山、御岳山、大岳山などの1000mを越える山々が連なり、檜原北谷の千足沢には戦国悲話を奏でる綾滝や天狗滝が迎えてくれる。
奥多摩、檜原

多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )