八王子のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
府中四谷橋から淺川河畔の道
高尾山系を水源とする浅川は八王子、日野を流れ下り、府中四ツ谷橋付近で多摩川に注ぐ。ここでは南武線谷保駅から府中四ッ谷橋で浅川堤に入り、川沿いに京王北野駅まで辿る。
国立、日野、八王子
浅川から南浅川へ河畔の道
南浅川の河川敷は遊歩道がよく整備されている。多摩御陵付近の河畔は丘陵の緑と静寂が素晴らしい。中央線豊田駅を出発し浅川右岸堤に入る。八王子で南浅川右岸に入り高尾へ向かう。
日野、八王子
谷地川水辺の道
谷地川は秋川丘陵を水源として、滝山街道に沿って流れ下り、日野で多摩川に注ぎ込む。ここでは日野駅から谷地川の河口に廻り水辺を辿る。戸吹で滝山街道に入り秋川へ至る。
日野、八王子、秋川
湯殿川水辺の道
湯殿川は南高尾山稜を水源に八王子南郊を東流、片倉城址を経て長沼で浅川に合流。水辺から富士山が遠望できる。中央線豊田駅から浅川堤に入り、長沼橋から湯殿川沿いに水源を目指す。
日野、八王子
大栗川水辺の道
大栗川は多摩丘陵鑓水付近に源を発し、野猿街道の傍らを東流し、関戸橋下流で多摩川に注ぎ込む。分倍河原駅を出発し大栗川河口に出た後、川沿いに南多摩を横断し横浜線相原駅に至る。
多摩、八王子
湖畔城山湖から津久井湖へ湖畔の道
城山湖は津久井湖と協調しつつ発電を行うダム湖だ。そんな城山湖と津久井湖を巡る。高尾駅から町田街道を下って城山湖へ、その後津久井湖に出て南岸国道を東進し橋本駅へ至る。
八王子、相模原、津久井
高尾から陣馬街道山里の道へ
かつては案下道と呼ばれ甲州裏街道として利用された。北浅川の流れを挟む山懐の風景が素晴らしい。高尾駅を出発し高尾街道を経て川原宿から陣馬街道に入る。北浅川沿いに陣馬高原下に至る。
八王子
峠・里小津の里から案下の里へ峠越えの道
陣馬街道の北側に小津の里はある。峠道に入れば小津坂から望む案下の里の風景が美しい。高尾駅から旧鎌倉街道を経て小津道にはいり、小津の里から峠を越えて陣馬街道沿いに宮尾神社まで足を伸ばす。
八王子
里・歴史八王子南郊の関東武士の里道を行く
八王子南郊には横山氏や長井氏等、関東武士の足跡を示す社寺が多い。京王高尾線山田駅を出発し広園寺、真覚寺、狭間の道を経て龍見寺、浄泉寺、御霊神社と、関東武士ゆかりの社寺を巡る。帰路は高尾駅に至るものとする。
八王子
観梅高尾梅郷観梅の道
旧甲州街道が走る裏高尾の小仏川に沿って梅林が点在する。その鄙びた風情はとてもいい。高尾駅を出発し、小仏川沿いの梅林遊歩道に入り、散在する梅林を辿る。 を走ってみよう。
八王子
秋川街道・小峰峠越えと五日市への道
秋川街道は八王子から五日市へ通じる街道だ。川口川が流れる街道風景がいい。難所の小峰峠がある。八王子駅から川口川沿いの道を経由して秋川街道に入り、小峰峠を越えて五日市に至る。
八王子、五日市
峠・大通り野猿街道・峠越えの道
ジョギングのトレーニングコースに最適。終盤の野猿峠越えはまさに心臓破りの丘。南武線谷保駅を出発し府中四谷橋経由で野猿街道に入る。下柚木で峠道に入り野猿峠を越えて京王線北野駅へ至る。
多摩、八王子
丘・歴史かたらいの路から野猿峠へ多摩丘陵尾根道を行く
高幡不動から多摩丘陵尾根道へ。かたらいの路、七生丘陵散策路、野猿の尾根道を辿って野猿峠へ。帰路は悲劇の武将大石定久の館址であった柚木永林寺に立寄った後京王堀之内駅へ至る。
日野、八王子
裏高尾から小仏峠・景信山を辿る道
人の名を冠した景信山は高尾山系の中ほどにある。高尾駅から裏高尾の旧甲州街道に入り、小仏峠を経て景信山に登る。裏高尾は訪れる人も少なく自然が豊かに残されている。
八王子
裏高尾・景信山・明王峠から相模湖への道
裏高尾の山里とのどかな尾根道風景。相模湖の湖面や丹沢山系が望める。高尾駅を出発し、裏高尾の旧甲州街道から景信山に登り、尾根道を辿って明王峠に至り、下って相模湖駅へ出る。
八王子、津久井
高尾山から陣馬山への縦走の道
高尾山には奈良朝の古刹薬王院が佇み、尾根道からは山や裾野の景観を楽しむことが出来る。高尾山口から高尾山に登り、尾根伝いに城山、景信山を経て陣馬山へ。和田峠から陣馬高原下へ下る。
八王子
裏高尾・蛇滝から南高尾山稜を巡る道
南高尾山陵の尾根道からは雄大な相模野の風景が楽しめる。高尾駅を出発し蛇滝から薬王院を経て大垂水峠で南高尾山稜に入る。大洞山、三沢峠、草戸山と尾根道を辿り高尾山口へ下山する。
八王子
歴史・川多摩川南岸の大石氏の道なる高月街道を行く
加住丘陵を含む多摩川南岸一帯は中世を生きた多摩の豪族大石氏の地盤だ。立川駅から多摩川右岸へ入り上流へ遡る。滝ガ原を経て滝山城址、高月城址に立ち寄り東秋留駅へ向かう。
立川、日野、昭島、八王子、秋川
歴史・丘加住丘陵・滝山城址への道
加住丘陵は桜の名所で北端には戦国の歴史を今に伝える滝山城址がある。中央線日野駅から加住丘陵に入り、丘陵を縦断して滝山城址を訪ねる。帰路は五日市線の東秋留駅へ。
日野、八王子、秋川
歴史・丘月夜峰から八王子城址へ戦国城攻めの道
高尾駅北側の深澤山は八王子城跡だ。八王子城は豊臣家臣の前田利家、上杉景勝の北陸支軍の猛攻で落城となる。攻撃軍の一隊は月夜峰を辿り中宿を通って大手門に迫ったものと思われる。西八王子駅から月夜峰に入り戦国城攻めの道を辿る。
八王子
歴史松姫と千人同心の縁の道を行く
八王子と言えば千人同心、その千人同心の心の支えとなったのが松姫だ。そんな松姫と千人同心縁の道筋を辿る。八王子駅を出発し信松院を訪ねた後、千人同心屋敷跡を経て心源院を目指す。
八王子
歴史・古道鑓水商人の夢の跡、絹の道を行く
絹の道は幕末から明治にかけて栄えた絹の交易ルートだ。その主役を演じたのは巨万の富を築いた鑓水商人だ。彼等の栄光と挫折を追って八王子から鑓水峠の道了堂を経て浜見場まで辿る。
八王子
歴史・古道東国武士の踏み固めた鎌倉街道山ノ道(中部編)
鎌倉街道山ノ道は多摩の山辺を走る道筋だ。鎌倉武将畠山重忠にゆかりが深い。そんな道筋を追って、高尾駅から戸沢峠、御前石峠を越えて五日市の武蔵増戸駅まで辿る。
八王子、五日市
古道小比企野から相原七国峠古道を行く
八王子小比企から宇津貫を経て相原七国峠を越える古道は古くから鎌倉道と呼ばれ、幕末から明治には絹の道でもあった。京王高尾線山田駅から小比企・みなみ野を通って七国峠を越え、町田街道の相原十字路に至るものとする。
八王子、町田
古道・歴史秋川南岸の古甲州道を行く
秋川南岸には遠い昔の甲州への道筋が残る。古甲州道という。武蔵五日市線東秋留駅を出発し滝山街道から秋川丘陵の尾根道を辿り、網代、高尾、留原を経てから五日市の小中野で檜原街道に出る。
八王子、秋川、五日市
古道・峠小仏峠を越えて甲陽鎮撫隊の進撃路甲州道中を行く
甲州道中は現在の甲州街道と異なり裏高尾から小仏峠を越えて与瀬へ抜けていた。幕末の動乱期は官軍と幕府軍の衝突の舞台ともなった。甲陽鎮撫隊に名を変えた新撰組の最後の進撃路であり敗走路でもあった。
八王子、津久井
古道追分から川原宿へ、西八王子の案下道を行く
案下道は陣馬街道の古い呼び名だ。追分を起点に陣馬山和田峠へ通ずる道だが、かつての案下道は現在の街道とは一部異なる。西八王子駅を出発し追分から陣馬街道に入り、切通しからは北浅川を越えて旧道を辿り川原宿に至る。
八王子
古道八王子から拝島へ千人同心街道を行く
千人同心街道とは日光脇往還のことである。江戸幕府から日光東照宮の火の番を命ぜられた千人同心達が八王子千人町から日光まで往還した道筋である。今回は西八王子駅を出発し千人町からひよどり山を越えて最初の中継地拝島宿までを辿る。
八王子、昭島
古道戦国の兵どもが疾駆した御殿峠古道を行く
八王子から御殿峠を越えて町田へ向かう国道16号線の少し西寄りに古い峠道がある。小田原と川越を結ぶ戦国の道で御殿峠古道と呼ばれ、武田信玄や豊臣秀吉の軍勢が駆け抜けた道筋である。ここでは片倉駅から相原駅まで御殿峠古道を辿る。
八王子、町田
緑道小山ヶ丘から別所長池へ緑地・緑道を巡る道
町田小山ヶ丘から八王子別所にかけては緑地・緑道が多く、緑の回廊を切れ目なく辿ることが出来る。また歴史遺産としては小山の札次神社や別所の蓮生寺、及び伝説の長池がある。多摩境駅から小山ヶ丘、南大沢、別所を経て京王堀之内駅へ至る。
町田、八王子
緑道相原東緑地から鑓水小山緑地を行く
尾根緑道(戦車道路)の延伸ルートと予想される道筋を辿る。八王子みなみ野駅から兵衛川沿いに進み、造形大前を経て相原駅東緑地の雑木林の道に入る。そこから御殿峠古道を経て、多摩美大裏から鑓水小山緑地に入り、終着点京王相模原線多摩境駅へ至る。
八王子、町田
峠・湖畔・避暑梅ノ木平から津久井湖へ、森林浴の三沢峠道を行く
南高尾山稜を南北に縦断する三沢峠道は深い森に包まれて森林浴が楽しめる。峠の先には峯ノ薬師が佇み津久井湖が遠望出来る。高尾山口駅を出発し梅ノ木平から峯ノ薬師を経て津久井湖へ至る。
八王子、津久井
雨模様立川から多摩センターへモノレール沿線を辿る道
雨模様の日でも楽しめるいい道筋です。中央線の立川駅からモノレール沿いに多摩丘陵を越えて多摩センター駅に至る。途中地ビールが楽しめるレストランに立寄ってみませんか。
立川、日野、多摩、八王子


多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )