府中のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
多摩川河畔の道(立川〜調布)
多摩川は山梨県笠取山に源流を発し、武蔵野の大地を流れて東京湾に注ぐ。多摩にとって母なる川だ。中央線立川駅から多摩川左岸に入り、国立、府中を経て調布の多摩川原橋まで辿る。
立川、国立、府中、調布
歴史・古道防人の歩いた道(旅立ち編)
防人達が歩いた多摩の道筋を辿る。今は亡き芳賀善次郎氏の著書「武蔵野の万葉を歩く」を元に、府中から多摩川を渡河し、多摩丘陵を越えて多摩センターまでの道筋を紹介する。
府中、多摩
歴史・古道坂東武者が駆け抜けた鎌倉街道上ノ道(中部編)
鎌倉街道上ノ道は新田義貞など坂東武者が疾駆した道筋だ。今は亡き芳賀善次郎氏の名著「旧鎌倉街道探索の旅 上ノ道編」を元に、西国分寺駅から関戸で多摩川を渡河し、多摩センター駅まで辿る。
府中、多摩
古道・歴史筏師の歩いた道、いききの道・筏道を行く
その昔多摩川の風物詩は川を下る筏とそれを操る筏師の姿だった。仕事を終えた筏師が家路を急いだ道筋は筏道として残されている。府中駅からいききの道、品川道等、筏道を辿って狛江駅に至る。
府中、調布、狛江
古道府中から日野へ古甲州道から土方歳三の里道を行く
古甲州道を府中大国魂神社から日野宿迄を辿る。多摩川を挟む四谷・石田界隈は新撰組副長土方歳三縁の地である。府中駅を出発し多摩川の石田大橋を渡り、土方歳三の旧跡を巡った後、万願寺一里塚を経て日野駅に至る。
府中、日野
緑道・廃線下河原緑道廃線跡の道
かつて砂利運搬線として敷設された下河原鉄道は今は廃線となりその跡地が緑道となっている。西国分寺駅から、廃線跡を辿って下河原緑道に入り京王中河原駅まで至る。
国分寺、府中
緑道・ハケ府中段丘崖から新田川緑道への道
多摩のハケ府中段丘崖には谷保天満宮が立つ。一方新田川は府中用水の流路の一つで瀟洒な緑道となっている。国立駅からハケ下の道、新田川緑道、二ケ村緑道を経て是政駅に至る。
国立、府中
大通り東八道路銀杏の道
東八道路は通称30m道路とも呼ばれ、ジョギングのトレーニングコースに最適だ。西国分寺駅から府中街道を経て東八道路に入る。多磨霊園、野川公園横を通って井の頭線久我山駅へ至る。
国分寺、府中、小金井、三鷹


多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )