秋川のジョギング道

シリーズジョギング道通過するエリア
秋川河畔の道
秋川は水量豊富で透明度が高く、風光明媚な渓流だ。そんな秋川の風景を求めて水辺の道を走る。拝島駅を出発し、多摩川を渡河して秋川河畔に出る。秋川に沿って 武蔵増戸駅の南にある山田の堰まで溯ってみる。
福生、秋川
谷地川水辺の道
谷地川は秋川丘陵を水源として、滝山街道に沿って流れ下り、日野で多摩川に注ぎ込む。ここでは日野駅から谷地川の河口に廻り水辺を辿る。戸吹で滝山街道に入り秋川へ至る。
日野、八王子、秋川
歴史・川多摩川南岸の大石氏の道なる高月街道を行く
加住丘陵を含む多摩川南岸一帯は中世を生きた多摩の豪族大石氏の地盤だ。立川駅から多摩川右岸へ入り上流へ遡る。滝ガ原を経て滝山城址、高月城址に立ち寄り東秋留駅へ向かう。
立川、日野、昭島、八王子、秋川
草花から日の出町・五日市への道
ローカルな雰囲気が味わえる秋留野の裏道。福生駅から多摩川を渡って草花丘陵南麓に入り、平井川の川沿いの道を西進、日の出町を経由して武蔵五日市へ至る。
福生、秋川、日の出、五日市
里・歴史秋留っ原から横沢入へ、伊那の石工の里道を行く
武蔵増戸は伊那の石工が移住した土地で横沢入には石切場が残る。武蔵引田駅から秋留っ原を経て五日市街道に入り、伊那の石工の里道を訪ねる。帰路は武蔵五日市駅に出るものとする。
五日市、秋川
里・歴史東秋留の鎌倉道から南一揆の頭領小宮氏の里道を行く
秋川流域には中世の頃、この地域に散らばる小規模の地侍達が連合して南一揆と称する武士団を形成された。それを率いたのが小宮氏と言われる。東秋留の草花、原小宮辺りは小宮氏にゆかりの寺社が散在する。今回は東秋留の鎌倉道から小宮氏の里道を辿る。
秋川
多摩川河畔から草花・満地峠を越えて小作への道
草花丘陵は秋留台地北側を東西に走る丘陵だ。丘陵越えの道筋には満地峠がある。拝島駅から多摩川左岸堤に入り、草花通りから滝山街道に入り満地峠を越える。帰路は小作取水堰から小作駅へ至る。
福生、秋川、羽村
丘・歴史秋川から五日市へ秋川丘陵縦走の道
秋川丘陵は風光明媚、かつ城址や鎌倉古道が遺されている。秋川駅を出発し秋川丘陵に入る。二条城址、旧鎌倉街道、弁天山、網代城址を辿って秋川街道へ。帰路は武蔵五日市駅に出る。
秋川、五日市
弁天山から沢戸橋へ秋川丘陵を辿る道
秋川丘陵は風光明媚、かつ城址や鎌倉古道が遺されている。武蔵増戸駅から秋川丘陵に入り弁天山、城山を通って一旦下山した後、小峰公園から再び山道に入って戸倉の沢戸橋へ抜ける。
秋川、五日市
歴史・丘加住丘陵・滝山城址への道
加住丘陵は桜の名所で北端には戦国の歴史を今に伝える滝山城址がある。中央線日野駅から加住丘陵に入り、丘陵を縦断して滝山城址を訪ねる。帰路は五日市線の東秋留駅へ。
日野、八王子、秋川
古道・歴史秋川南岸の古甲州道を行く
秋川南岸には遠い昔の甲州への道筋が残る。古甲州道という。武蔵五日市線東秋留駅を出発し滝山街道から秋川丘陵の尾根道を辿り、網代、高尾、留原を経てから五日市の小中野で檜原街道に出る。
八王子、秋川、五日市
古道・歴史草花丘陵に沿って東秋留の鎌倉道を行く
東秋留には鎌倉道の支道がある。東秋留駅を出発して鎌倉道に入り、二宮、平沢を経て平井川を渡り、草花丘陵大澄山の山裾に沿う折立集落を抜け、羽村大橋で多摩川を渡河して羽村川崎に入り終着点羽村駅に至る。
秋川・羽村
古道・大通り伊奈の石工が歩いた道、伊奈道を行く
睦橋通り・五日市街道はかつて伊那道と呼ばれた。家康の江戸城修築の折、伊奈村(現武蔵増戸)の石工達が往還した道だ。拝島駅から睦橋通り・五日市街道を辿って旧伊奈宿へ。帰路は武蔵五日市駅へ至る。
福生、秋川、五日市


多摩のジョギング道 ( http://homepage3.nifty.com/k_harada/ )