秋川河畔の道
距離:約12km、所要時間:1時間半 <通過エリア: 福生、秋川>
[川シリーズ]

道幅起伏人通り交通量風景メモ
狭い少い少いほぼ無し多い広い河原と釣り人の風景川遊び

[河川敷の道から見た秋川と釣り人の風景]

秋川は多摩川最大の支流の一つだ。西多摩の檜原村の遥か遠く浅間尾根の北側 に位置する標高1147mの月夜見山を水源とする北秋川と、同じく浅間尾根 の南側に位置する標高1526mの三頭山を水源とする南秋川は、檜原村の本 宿で合流し、秋川となって養沢川や盆堀川など大小幾つもの支流を吸収しつつ、 五日市から秋留野の台地を蛇行しながら東行し、多摩川の拝島近郊の睦橋下流 約1km地点で多摩川に注ぎ込んでいる。全長33.5km、古くは秋留川と も阿伎留川とも呼ばれた。山懐に抱かれた秋川は水量豊富で透明度が高く、風 光明媚なために、釣り人やハイカーに人気の高いところだ。今回はそんな秋川 の風景を求めて、澄み切った青空の下、思い切り水辺の道を走ってみたいと思 う。
ここではJR拝島駅を出発し、多摩川の睦橋を渡河した後、秋川河畔に向かい、 河畔に出てからは秋川に沿ってJR五日市線の武蔵増戸駅の南に位置する山田大 橋のある山田の堰まで溯ってみよう。



拝島駅を出て駅前の道を右へ進むと自然と左に曲がる。そのまま直進してもよ いが、車が多いのでLawsonの横の道を右折する。ガード下を潜りすぐ左 折する。そのまま進むと新奥多摩街道に出る。街道に沿って少し戻ると睦橋通 りとの交差点に出る。睦橋通りに入り、緩やかな坂道を下ると多摩川に架かる 睦橋に出る。かつて「小川の渡し」あるいは「熊川の渡し」と呼ばれた渡しが あった所だ。橋の上から上流を眺めると、右手の堤はよく知られた桜の名所だ。 季節ともなれば数千本の桜が満開となる。一方下流に目をやれば左岸直下に福 生南公園が広がる。公園北側のハケ下に沿って細い熊川が流れ、直接は見るこ とは出来ないが、ハケの上には福生の地酒「多満自慢」で知られる石川酒造が ある。熊川の清流を酒作りに利用してきたのであろう。明治20年にビールを 製造したことでも知られる。また下流右岸の遠くに目をやれば、中世の山城滝 山城祉のある加住丘陵が美しい。

その昔木曽義仲を祖とする大石氏がいつの頃か関東に移り住み、三田氏と多摩 を二分する勢力を誇ったが、やがて小田原の北条氏が関東の覇権を掌握すると ころとなり、12代大石定重は自領防衛のため滝山城を築いた。しかし13代 大石定久は北条の圧力に抗しきれず北条氏照に城を譲り渡したため、以後滝山 城は氏照の居城として戦国の過酷な歴史を背負うところとなった。天文21年 (1552年)上杉謙信、永禄12年(1569年)武田信玄の関東遠征軍の 攻撃を受けた。とりわけ武田の攻撃は熾烈を極め、背後からは小仏峠を越えた 小山田信茂率いる武田軍の急襲を受け、一方多摩川対岸の拝島大師に陣を敷い た本隊からは、城内を土足で蹂躪される大打撃を受けた。幸い武田が次なる攻 撃目標へ転進したため、かろうじて落城はまぬがれた。氏照は敗因を加住丘陵 の地形的欠陥と考え、より強固な城の必要性を痛感し、新しい要害の地として 今の高尾駅北側にある深沢山を選び、平山城としては戦国史上最大の八王子城 を築城し滝山城から移ることになったと言われる。

橋を渡り終え、右手の角にバラエティショップMarufujiのある最初の交叉点を 左折する。通りの真ん中に用水が流れている以外は何の変哲も無い通りだ。道 は次第に右へカーブする。道なりに進むと間もなく秋川とその南側に伸びやか に横たわる秋川丘陵が望める通りに出る。
水辺に降りる細い道があるのでそこを下ると、幅2〜3m程のフェンスで保護 された道が左岸に沿ってある。ここから爽快なジョギングが始まる。休日とも なれば、すでにこの辺りも幾人もの釣り人の姿が見られる。川は大きく左に蛇 行し、それに合わせて川辺の道も左に曲がり、次第に堤の上の道に変貌してゆ く。曲がり終わったところに東秋川橋が架かっている。
橋の下を潜ると茶店がある。河原は賑やかなキャンプ場や釣り場になっている。 一方、川の北側には広々した田畑が広がっている。のどかな道は次第に右へカ ーブし、やがて堤の道は一旦終わりとなる。この後、道は自然と河原に降りる 様になる。河原の道は釣り人と同じ目線で秋川の風景を楽しめるのがとても印 象的だ。再び堤の道となり、やがて東秋留橋の袂に出る。近くには天台宗西光 寺がある。
ここからは再び堤はなくなる。河原道をとるか、あるいは高い崖上の道をとっ て迂回するかのいずれかを選ぶ必要がある。河原道は心地よく、また近道でも あるので通常はお勧めだが、台風等の洪水により寸断されて通れない場合があ る。筆者は両方を経験している。ここでは崖上の迂回道を進んでみよう。住宅 横の静かな崖上の小道を進むと道はやがて右へ曲がる。曲がったところに雨武 主大明神が祭られた小さな祠がある。辺りは竹林になっていて静かな所だ。祠 の鳥居を潜って道なりに進むと南秋留小学校の横に出る。小学校の周囲をグル ッと廻ると道は坂道を下りつつ南へ転じる。校庭を横目に見ながらそのまま進む と、再び秋川の堤の上に出る。もちろん河原の道を取っても同じ所に出る。堤 の道を進むとやがて滝山街道の秋留橋の袂に出る。
秋留橋付近は高速道の立体交叉が建設中で、橋は既に新しく衣更えしている。 数年の内にこの辺りの景観はすっかり変わってしまうことだろう。橋のすぐ上 流には、キャンプ場や釣り場があることを思うと自然との調和がうまくとれる のか疑問に思えてならない。キャンプ場横の茶店の前を通り過ぎ堤の道を進む。 対岸は東京サマーランドだ。ジェットコースターや最近はやりのスリル満点の 絶叫マシンが林立し、若い人達の悲鳴がよく聞こえる。走っていてそれなりに 可笑しくなる。サマーランドの西側には秋川にせりだした六枚屏風岩と呼ばれ る絶壁が見える。南北朝の争乱時代、武蔵野を舞台に激突した足利軍と新田軍 の石浜(牛浜)戦争の古戦場と言われる。

南北朝争乱の正平7年(1352年)、南朝の後醍醐天皇の皇子、宗良親王を 擁して、新田義貞の遺児新田義興・義宗は新田軍の残党を集結して武蔵に向け 発進し、足利尊氏と激しい武蔵野合戦を展開した。尊氏は金井原(小金井)、 人見ケ原(府中)で敗れ、牛浜のこの屏風岩迄敗走し、危うく落命寸前まで追 いこまれたが、かろうじて府中に脱出し、体制をたてなおして反撃に転じ、小 手指原で新田軍に致命的な打撃を与えて勝利したと言われる。

なお、この屏風岩のある山は二条山とも言われ、この山の上には中世の山城が ある。山城は二条城とも根小屋の城とも言われ、滝山城主であった大石氏一族 の居城であったとも言われる。大石氏は戦国時代に活躍した多摩の武将であっ たが、小田原北条氏の圧力に屈し、滝山城が北条氏の手に落ちると、この二条 城も恐らく北条氏の支配するところとなったのであろう。

やがてリバーサイドパークというキャンプ場横を過ぎると、堤の道は次第に細 くなる。こじんまりと木立が密集したところを通るが、夏の頃だとこの木立の 下に紫色した野草の虎の尾が群生しているのが見られる。道はいよいよ細くな り、引田橋の手前50m辺りで終わりとなる。一旦右へ曲がって街路に入り臨 済宗建長寺派の宝泉禅寺前を通り、引田橋の袂に出る。

[山田大橋から見た秋川の風景]

引田橋を渡り右岸に回ろう。橋の高さは川面に近く、覗き込めば小魚がすいす い泳ぐのが確認出来るほどだ。また上流を眺めると、向こうに今回の終着点の 目印となる大きな山田大橋が望め、2つの橋の間には川遊びを楽しむ人達で大 賑わいだ。橋を渡るとそこは再び東京サマーランドのテニスコート等スポーツ 施設だ。右岸は道幅の広い車道で、さすがに休日は行楽客のマイカーが多い。 ゴルフ練習場横を車に注意しながら進むと、程なく山田大橋の下に来る。道は 橋の下から螺旋状の上り坂となり、上り切ったところが山田大橋の袂となる。 上り坂の途中に橋下の河原へ降りる道がある。ここを降りと山田の堰の河原に 出る。靴を脱ぎ、熱くなった足を冷やして、汗を拭い、川風に吹かれれば長旅 の疲れはどこかへ吹っ飛んでしまう。ジョギング旅の終わりにはうってつけの 場所だ。
山田大橋はとてつもなく高くかつ巨大な橋だ。上川霊園方面から武蔵増戸駅へ 向かう下り坂の中ほどで秋川をまたいでいる。橋の上から見渡す秋川とその周 囲に広がる秋留野の風景は本当に素晴らしいの一語に尽きる。

この山田大橋が架かる秋川渡河付近の道筋は旧鎌倉街道の山道(ヤマノミチ)に相当 する。中世の頃、東国の武士達が鎌倉への往還に踏み固めた道筋が鎌倉街道と なった。鎌倉街道には幾筋かあり、大きな道筋として上道、中道、下道という 3つの道筋があったが、これ以外にも幾筋かあり、その一つがこの山道であっ た。遠く信州から碓氷峠を越えて群馬高崎、秩父を経て多摩に入り、軍畑、平 井を経て、この地を通った後、秋川丘陵、川口丘陵、多摩丘陵を超えて町田へ 入り、そこから鎌倉へ通じていた。

天正18年(1590年)豊臣秀吉の小田原北条攻めの折、支城の八王子城は 上杉景勝、前田利家の北陸支軍が攻略するところとなったが、上杉軍はこの山 田の堰を渡河して一路鎌倉街道を南下し、八王子城を搦手方面から攻め上がり、 落城させたと言われる。

橋を渡り、なだらかな坂道を上ると、五日市街道との山田の交差点にでる。程 なく武蔵増戸駅に着く。以前はジョギングの後の楽しみとして、駅へ向かう途 中に秋川農協があって、新鮮な野菜が豊富にしかも市価より安く買えていたの であるが、最近は合理化策であろうか、残念ながら閉鎖されてしまった。

多摩のジョギング道 ( http://tamamichi.life.coocan.jp/ )
ご意見ご感想:ezm03135@nifty.com